トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 5月 > 豊洲土地土壌汚染対策費用に関する住民監査請求審査結果

ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月23日  監査事務局

豊洲の土地に係る土壌汚染対策費用を都が負担することを違法・不当として
汚染者に対しその費用を請求するよう求める住民監査請求審査結果について

平成29年4月21日付で提出された住民監査請求について、監査委員から、次のような審査結果が出されましたのでお知らせします。

結果

本件請求は、地方自治法第242条に定める住民監査請求として不適法であるので監査を実施しない。

請求の内容

都は、豊洲の土地に土壌汚染対策を講じているところ、土壌汚染対策法では、汚染の除去等の措置に要した費用の負担は、土壌汚染を起こした者に対しても適用されること(汚染者負担の原則)が明らかであるにもかかわらず、土壌汚染の原因者である当該土地の元所有者に対し、土壌汚染対策費用の一部(78億円)を求めながら、その残費用(508億円)の請求を怠っている。

判断要旨

別紙(PDF:122KB)のとおり

問い合わせ先
監査事務局総務課
電話 03-5320-7011
電話 03-5320-7018

ページの先頭へ戻る