トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 5月 > 臨海副都心おもてなし促進事業補助制度 29年度募集開始

ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月23日  港湾局

『東京都臨海副都心おもてなし促進事業』補助制度
平成29年度の募集を開始!!

港湾局では、臨海副都心を世界中から来訪するお客様を迎えるにふさわしいまちにしていくため、臨海副都心において「新たな観光資源の創出」や「外国人来訪者の受入体制環境整備」を行う民間事業者の取組を支援する補助制度「東京都臨海副都心おもてなし促進事業」を実施しています。
平成28年度は、多言語対応のデジタルサイネージの整備、施設内案内サイン、店舗飲食メニューの多言語化、免税機器の導入など、15件の事業について補助金の交付決定を行いました。
平成29年度は、5月23日から受付を開始します。
なお、今年度から、全ての事業について、受付期間を11月末までと拡大し、より利用しやすい制度へと改善を図っております。
おもてなしの心あふれる事業について、皆様からの応募をお待ちしております。

(参考)平成28年度に選定した主な事業

図 写真
(地域における無料Wi-Fiサービスの拡充) (多言語対応のタッチ式デジタルサイネージ)

 

写真 写真
(免税書類作成機器の導入) (飲食店での多言語メニューの提供)

1 補助対象事業

  1. 新たな観光資源の創出に資する事業
  2. 外国人来訪者の受入環境整備に資する事業
    • 施設の案内表示、誘導表示に係る多言語表記及びピクトグラム表記の整備
    • 多言語タッチ式デジタルサイネージの整備
    • 飲食店メニューの多言語整備
    • 多言語応対で使用するタブレット端末の購入 など

2 補助対象者

臨海副都心区域内で上記対象事業を行う民間事業者

3 募集要項

1 平成29年度東京都臨海副都心おもてなし促進事業募集要項

募集する事業

  • 新たな観光資源の創出に資する事業
  • 外国人来訪者の受入体制環境整備に資する事業(総事業費が160万円を超えるもの)

2 平成29年度東京都臨海副都心おもてなし促進事業募集要項(小規模事業)

募集する事業

  • 外国人来訪者の受入体制環境整備に資する事業(総事業費が160万円以下のもの)
    ※ それぞれの募集要項は、ホームページからダウンロードしてください。

4 申請方法

募集要項をご参照ください。
なお、申請内容については、事前に下記問い合わせ先にご相談ください。

5 補助率

補助対象経費の2分の1

6 補助限度額

  • 新たな観光資源の創出に資する事業、外国人来訪者の受入体制環境整備に資する事業(総事業費が160万円を超えるもの):1件あたり1億円
  • 外国人来訪者の受入体制環境整備に資する事業(総事業費が160万円以下のもの):1件あたり80万円

7 補助対象経費

建築工事費、改修工事費、実施設計費、備品購入費、委託料(外国人来訪者の受入体制環境整備に資する事業に限る)、印刷製本費(同上)

8 補助要件

書類等を審査し基準を満たしていると認められた事業、もしくは選定委員会が優れた事業効果を有すと評価した事業を補助事業として決定。

9 申請から交付までのスケジュール

図

※ 選定委員会は、新たな観光資源の創出に資する事業と、外国人来訪者の受入環境整備事業で専門的・技術的見地から総合的に検討を行う必要があるものについて、実施の対象とします。

10 交付申請受付

  • 受付期間
    平成29年5月23日(火曜)~11月30日(木曜)9時00分~17時00分
    ※申請にあたっては事前にご相談ください。
    ※補助対象期間は交付決定の日から平成30年3月30日(金曜)までとなります。規模の大きい事業や時間を要する事業については、お早めにご相談ください。
    ※小規模事業は先着順に審査を行い、交付決定を行います。申請受付期間中であっても補助額が予算額に達した時点で受付を終了します。

11 事業の位置づけ

本件は、「都民ファーストでつくる「新しい東京」~2020年に向けた実行プラン~」に位置付けられ、重点的に実施する事業です。


「2020年に向けた実行プラン」事業
スマート シティ 世界に開かれた、環境先進都市、国際金融・経済都市・東京
政策の柱7 世界に開かれた国際・観光都市

問い合わせ先
港湾局臨海開発部誘致促進課
電話 03-5320-5580

ページの先頭へ戻る