ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月17日  建設局, (公財)東京都公園協会

〔別紙〕

向島百花園 大輪朝顔展

向島百花園では、夏の風物詩の一つとなっている「大輪朝顔展」を開催します。今年も、地元の「墨田朝顔愛好会」の方々が丹精を込めて育てた、直径20センチにも及ぶ大輪のアサガオを約500鉢展示します。期間中は、アサガオをよりお楽しみいただくため、開園時間を1時間早め、朝8時から入園いただけます。アサガオの見ごろは午前中ですので、ぜひお早めにお越しください。

写真
過去の大輪朝顔展の様子

1 日時

平成29年7月30日(日曜)~8月6日(日曜)
8時00分~17時00分(最終入園は16時30分)
※通常の開園時間は9時00分~17時00分

2 内容

(1) 大輪朝顔の展示

  • 日時 期間中毎日 8時00分~12時00分
  • 場所 売店前広場
  • 内容 約500鉢のアサガオを展示

※アサガオの見ごろは午前中です。
※その日開花した花は、昼ごろに摘みとりますので、午後は花をご覧いただくことができません。
※植物の生育状況により展示数や展示内容が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

(2) 大輪朝顔の育て方教室

  • 日時 平成29年7月30日(日曜)、8月6日(日曜)10時00分~11時00分
  • 場所 向島百花園内 御成座敷(おなりざしき)
  • 内容 「墨田朝顔愛好会」による大輪朝顔の栽培方法の解説
  • 定員 各日20名(当日先着順)
  • 参加費 無料(入園料別途)
  • 参加方法 各日9時から御成座敷前にて整理券を配布します。
写真
大輪朝顔の育て方教室

(3) 大輪朝顔の押し花教室

  • 日時 平成29年7月30日(日曜)、8月6日(日曜)11時15分~12時00分
  • 場所 売店前四阿(あずまや)
  • 内容 「墨田朝顔愛好会」による大輪朝顔の押し花教室
  • 定員 各日15名(当日先着順)
  • 参加費 無料(入園料別途)
  • 参加方法 当日会場にお集まりください。
写真
大輪朝顔の押し花教室

3 協力

墨田朝顔愛好会
千代田区の日比谷公園で朝顔展を開催している1907(明治40)年創立の「東京朝顔研究会」から枝分かれし、地元の朝顔愛好者で組織された会。朝顔趣味の普及と品種の改良、栽培方法の研究等を目的とし、講習会や総会のほか、向島百花園での展示会を行っている。今年で向島百花園での展示は39回目を迎える。

写真
昨年の園内の様子

向島百花園について

国指定名勝及び史跡。江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に、骨董商佐原鞠塢が、交遊のあった江戸の文人墨客の協力を得て、花の咲く草花鑑賞を中心とした民営花園として開園しました。開園当初は360本のウメが主体で、亀戸の梅屋敷に対して「新梅屋敷」と呼ばれたほどでした。
その後、詩経や万葉集など中国・日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、四季を通じて花が咲くようになりました。百花園の名称は「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたとされます。

開園時間

9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)
※本イベント期間中は8時00分~17時00分(最終入園は16時30分)

休園日

12月29日~1月3日

住所

墨田区東向島3-18-3

交通

東武スカイツリーライン 東向島駅下車 徒歩8分
京成電鉄押上線 京成曳舟駅下車 徒歩13分
都営バス 亀戸-日暮里(里22)「百花園前」下車 徒歩3分
※駐車場はございません。

入園料

一般 150円 65歳以上 70円 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

問い合わせ先

向島百花園サービスセンター 電話:03-3611-8705

ホームページ

公園へ行こう!(外部サイトへリンク)

庭園ガイド

土曜日・日曜日 11時00分・14時00分(各回30分程度)※荒天中止
集合:サービスセンター裏 参加費:無料

交通案内

図

園内マップ

図

ページの先頭へ戻る