ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月16日  環境局

ICAP東京シンポジウム2017を開催します

このたび、排出量取引をはじめとする実効性ある気候変動対策を展開している国内外の事例を広く共有するため、ICAP(国際炭素行動パートナーシップ)※と共同で、「ICAP東京シンポジウム2017」を開催します。

このシンポジウムでは、ICAPのメンバーやアジア諸国、国内自治体の政策担当者等が一堂に会し、気候変動対策に関する国内外の先進的な取組の成果やノウハウの共有等を行うことにより、排出量取引制度の普及・拡大を目指していきます。

※ICAP(International Carbon Action Partnership)
国や公的機関による排出量取引制度の国際的な連携・普及に向け、2007年に設立された専門的な議論や意見交換を行うパートナーシップ組織。欧州・北米を中心に世界31の国や州等が参加(2017年5月1日現在)しており、都は2009年に都市として初めて加盟

1 日時

平成29年6月14日(水曜日) 10時00分から17時15分まで(開場9時30分)

2 場所

パークハイアット東京39階「ボール ルーム」(新宿区西新宿3-7-1-2)

3 プログラム

別紙参照(日本語・英語の同時通訳を行います)

4 募集人員及び申込方法

200名(先着順。参加費無料)
ホームページの申込フォームに必要事項(氏名、所属、連絡先(Eメールアドレス及び電話番号))を記載の上、5月28日(日曜日)までにお申込みください。

5 託児保育サービス

利用を希望される方は申込フォーム指定の欄にその旨を記載してください(事前申込制・無料)。

6 携帯電話等の小型電子機器の受付について

シンポジウム当日(午前9時30分から午後5時30分まで)、東京2020大会に向けたメダル協力ボックスを会場に設置します。
※対象品目:小型電子機器9品目(携帯電話、デジタルカメラ、ポータブルビデオカメラ、携帯音楽プレーヤー、携帯ゲーム機、ポータブルカーナビ、電子辞書、電卓、リモコン・ACアダプター・ケーブル等の付属品)

7 その他

平成29年6月15日、16日に、非公開でICAPメンバー等によるワークショップが開催される予定です。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱7 世界に開かれた国際・観光都市」

問い合わせ先
環境局地球環境エネルギー部総量削減課
電話 03-5388-3465

 

ページの先頭へ戻る