トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 5月 > 「商店街起業・承継支援事業」募集のお知らせ

ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月15日  産業労働局, (公財)東京都中小企業振興公社

平成29年度新規事業
商店街で新規出店する方や事業承継される方を応援します
「商店街起業・承継支援事業」募集のお知らせ

東京都と公益財団法人東京都中小企業振興公社(以下、「公社」といいます。)は、魅力ある商店街づくりのため、開業や事業承継の際に必要な資金を支援する「商店街起業・承継支援事業」助成金を実施します。
このたび、以下のとおり募集を開始しますのでお知らせします。

1 助成事業概要

目的

都内商店街での新規開業や事業承継を後押しすることで、商店主の高齢化や後継者不足などの課題を克服し、地域コミュニティの核である商店街の活性化につなげていきます。

支援対象

都内商店街の店舗において新規開業又は事業承継をする方

対象経費

対象経費 内容 助成率及び助成限度額
事業所
整備費
店舗新装・改装工事費 商店街で開業等するために行う店舗の新装又は
改装に要する工事費用
助成率:3分の2以内
助成限度額:150万円
設備・備品購入費 商店街で開業等するために行う店舗の設備・
備品の購入に要する費用
宣伝・広告費 チラシの作成費(新聞折り込み代を含む)、
新聞広告等掲載費、及びホームページ作成費用
※助成対象経費の上限は75万円
実務研修受講費 商店街で開業等するに当たり必要な実務を習得
するため、実務研修を受講する費用
助成率:3分の2以内
助成限度額:6万円
店舗賃借料 助成事業の実施に必要な店舗等を、新たに借り
る場合の賃借料
※商店街代表者からの出店承諾の日付以降に
契約したものに限ります
助成率:3分の2以内
助成限度額:
1年目月額12万円
2年目月額10万円

助成対象期間

交付決定日から1年間(ただし、店舗賃借料は交付決定日から2年間)
※開業後は中小企業診断士等の専門家のサポートを受けられます。

2 スケジュール

申請につきましては、平成29年6月1日より受付を開始し、平成30年1月15日までの間、助成金予算が終了するまで受け付けます。審査と交付決定は年度中に最多5回程度を予定しています。

申請受付に当たっては、電話での事前予約が必要です。

事前予約につきましても、平成29年6月1日より受付を開始します。

募集要項・申請書様式等は、平成29年5月22日に公社ホームページに掲載予定です。

その他詳細につきましては、公社ホームページ(外部サイトへリンク)の募集要項をご覧ください。

3 助成事業説明会

申請受付の開始に先立ち、以下のとおり、助成事業説明会を開催します。

5月22日(月曜日)午前10時00分から12時00分まで 公社TOKYO創業ステーション(千代田区)
5月26日(金曜日)午前10時00分から12時00分まで 公社多摩支社(昭島市)
6月8日(木曜日)午前10時00分から12時00分まで 公社助成課(千代田区)

※申請に際して参加は必須ではありません。若手・女性リーダー応援プログラム助成金と併せて説明します。

※説明会の詳細及びお申込みは公社ホームページ(外部サイトへリンク)を御覧ください。

問い合わせ先
(制度全般に関すること)
産業労働局商工部地域産業振興課
電話 03-5320-4756
(助成金に関すること)
(公財)東京都中小企業振興公社助成課
電話 03-3251-7894

ページの先頭へ戻る