トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 5月 > 生活情報冊子Life in Tokyo:Your Guideを発行

ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月12日  生活文化局

東京で初めて生活する外国人の方へ
生活情報冊子「Life in Tokyo:Your Guide」を発行しました!

都内における在住外国人数が増加する中、安心した日常生活を送るための支援として、初めて東京で生活する外国人の方向けの生活情報冊子を作成しましたので、お知らせします。

<冊子>
画像
(A5版全61ページ)

1 概要

都内の企業で働く外国人・留学生等から、来日して生活する際に困ったこと、自国のルールとの違いなどをヒアリングした内容を踏まえ、生活サポート情報をわかりやすくコンパクトにまとめました。

(1) 対応言語

英語、日本語
※中国語(簡体字)、韓国語については近く公表予定

(2) 特徴・コンテンツ

1)これだけは知っておきたい生活の基本ルールやマナー  

「住む」:住居の探し方、契約に係る費用/敷金、礼金 など
「病気・けが」:医療保険制度、医療機関の受診方法 など
「防災・緊急」:地震や火事の備え、発災時の対応 など
「金融」:銀行口座の開設に必要なもの など
「生活」:日本語を学べる教室 など

2)長く東京で暮らしている先輩外国人からのアドバイス

<コラム>日本人にとっては当たり前だが、外国人にとっては馴染みのない「知っていると役立つ情報」を紹介
例)SuicaやPASMOの使い方、印鑑の作り方
<先輩の声>在住外国人が気づいた日常生活におけるルールや習慣等を紹介
例)入学式・卒業式に、親はスーツ等で正装する

3)いつでも手軽に見られるハンディサイズ

上記1)2)に加え、生活に必要な手続きや何か困った際の相談窓口などを掲載

2 配布方法

本日(5月12日)より、以下の場所において、無償で配布いたします。

  • ビジネスコンシェルジュ東京
  • 東京開業ワンストップセンター
  • 区市町村の住民登録窓口
  • 地域の国際交流協会
  • 東京都国際交流委員会
  • 外国人相談窓口(都庁第一本庁舎3階)

東京都のホームページからも自由にダウンロードできます。

参考

生活文化局では、「東京都多文化共生推進指針(平成28年2月策定)」に基づき、東京で暮らす日本語の会話能力が不十分な在住外国人向けに、常時携行可能な「ヘルプカード」を作成し、都内各所で配布しています。これにより、災害・急病・怪我などの緊急時に的確な対処を分かりやすく伝えることを手助けします。

  • サイズ
    名刺サイズ(折り畳み式)
  • 内 容
    緊急災害時の連絡先(警察、消防)、東京都医療機関案内サービス「ひまわり」、困ったときの会話集、相談窓口紹介、プロフィール(名前、国籍、血液型等)記入欄などを掲載
  • 配布場所
    外国人相談窓口(都庁第一本庁舎3階)、区市町村の多文化
    共生担当部署
    ※中国語、韓国語、タガログ語、ベトナム語、ネパール語、英語、ミャンマー語、タイ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語の11言語

また、東京都国際交流委員会では、都・区市町村、地域の国際交流協会、在住外国人支援団体などの様々な情報を地域別・分野別に取りまとめ、一元的に発信する多文化共生ポータルサイト「Life in Tokyo」を運営しています。

問い合わせ先

生活文化局都民生活部地域活動推進課
電話 03-5320-7738
Eメール S8000224(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページの先頭へ戻る