ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月11日  建設局, (公財)東京動物園協会

葛西臨海水族園

イベント情報

親子向け観察会「トビハゼの調査地をたずねる」参加者募集

日本の北限の分布域にあたる東京湾のトビハゼは、かつての大規模な埋め立てなどにより生息干潟が減少し、数が激減しました。葛西臨海水族園(園長 田畑直樹)では、平成15年からトビハゼ調査を行っており、平成23年からは東京湾奥部にある博物館や野鳥の観察施設などの8施設と連携し、各施設が近隣の干潟でトビハゼ調査を行っています。
この観察会では、その調査地をたずねてトビハゼをはじめとした干潟の生き物を観察し、東京湾の干潟の現状や干潟の重要性を知っていただきます。

写真

1.日時

平成29年6月24日(土曜) 9時00分~12時30分頃〔雨天中止〕

2.場所

千葉県市川市 江戸川放水路

3.集合

江戸川妙典スーパー堤防自由広場(市川市妙典2-14 市川市立妙典小学校前)
※車をご利用の方は集合場所近くのコインパーキングをご利用ください。
※集合場所の詳細は改めてご案内します。

4.解散

12時30分頃(現地解散)
※雨天で中止とする場合は前日の17時までに決定し、原則として電話で連絡します。

5.対象

小学3年生以上の小中学生とその保護者
※保護者の同伴が必須です。小学2年生以下のお子様はご遠慮ください。

6.定員

30名

7.持ち物

濡れてもよい服装と靴(古い運動靴、マリンブーツ、長靴など)、着替え、軍手、帽子、お弁当、飲み物
※ケガ防止のため、裸足やサンダル、クロックスでの参加はご遠慮ください。サンダルなどを履いた方は干潟に入れません。ご注意ください。
※保護者の方も一緒に干潟に入っていただきますので、ご準備をお願いします。

8.協力

トビハゼ保全施設連絡会

9.応募方法

Eメールで以下のとおりお申し込みください。

tobihaze2017(at)tokyo-zoo.net宛に、件名を「トビハゼの調査地をたずねる」とし、本文に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢、代表者の住所・電話番号を記入してお送りください。
お申し込みの際は、@tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。

※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
※お申込みの際ご提供いただいた個人情報は、当該イベントに関するご連絡のみに使用します。
また、データの保管や削除など、個人情報については厳重な管理をいたします。

10.締切

平成29年6月14日(水曜)送信分まで有効
※応募は1回につき1家族までとします。
※応募者多数の場合は抽選とし、当落にかかわらずお知らせいたします。

ご案内

【葛西臨海水族園】

<開園時間>
9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)

<休園日>
毎週水曜日(祝日のときは、翌日)

<入園料>
一般:700円、65歳以上:350円、中学生:250円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネット(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る