ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月11日  建設局, (公財)東京動物園協会

多摩動物公園

動物情報

ニホンコウノトリ、30年連続で誕生!!
~ヒナがすくすく成長中です!~

多摩動物公園(園長 永井清)では、3月にニホンコウノトリのヒナが孵化し、今年で連続30年の繁殖成功となりました。現在、ヒナはすくすくと育っています。

写真
【孵化当日のヒナ】

1.孵化したニホンコウノトリ

孵化日 平成29年3月23日(木曜)
誕生数 1羽
性別 不明

2.繁殖の経過について

当園では、遺伝的多様性管理を目的に、一部のニホンコウノトリの系統が増えないよう制限を行いながら繁殖を行っています。
3月に孵化した1羽のヒナは、親鳥と一緒にサイ舎の上にあるコウノトリ舎の大ゲージで順調に成育しており、子育ての様子は観覧通路からご覧いただけます。なお、親鳥は昨年ペアになった個体で、今年初繁殖となります。

3.当園のニホンコウノトリの飼育について

当園では、昭和63年に日本で最初となる飼育下でのニホンコウノトリ繁殖に成功して以来順調に繁殖が続き、今年で30年連続の繁殖成功となりました。日本における飼育下でのニホンコウノトリ個体数維持に大きく貢献しています。
また、兵庫県豊岡市にある兵庫県立コウノトリの郷公園で、平成17年から実施されている放鳥事業(ニホンコウノトリを自然に帰す活動)へ、個体や卵を提供するなどの協力も行っています。

4.当園での飼育状況(2017年5月11日現在)

55羽(オス29羽、メス25羽、不明1羽) ※今回孵化したヒナを含みます。

5.国内の飼育状況(2017年2月1日現在)

18施設 197羽(オス102羽、メス95羽)
※(公社)日本動物園水族館協会 ニホンコウノトリ計画管理者調べ

【参考】
ニホンコウノトリ(コウノトリ目 コウノトリ科)(ワシントン条約附属書1、IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧1B類)、特別天然記念物、東京都ズーストック種)

  • 学名
    Ciconia boyciana
  • 英名
    Oriental white stork
  • 分布
    東アジアの草原や湿地
  • 生態等
    全長約1.2メートル、体重約4キログラム。魚・カエル・ザリガニ・バッタなどを食べます。コウノトリは1回の産卵で2~5個の卵を産み、孵化日数は約30日とされ、孵化してから巣立ちまで約60日かかります。明治時代以前には日本でも普通に見られた鳥ですが、乱獲や農薬など環境の変化により、野生のものは日本から姿を消してしまいました。

※「附属書1」「1B類」の数字の正しい表記はローマ数字です。

イベント情報

タスマニアデビル来園1周年記念講演会
「タスマニアデビルの今を知る-その生態と保全の最新情報&多摩動物公園での飼育」開催!

当園ではタスマニアデビルの来園1周年を記念し、以下のとおり講演会を開催します。
かつてオーストラリア本土にも分布していたタスマニアデビルは現在、タスマニア島にしか生息しておらず、感染症や交通事故によりさらに数を減らしています。タスマニア州政府は2003年から「セイブ・ザ・タスマニアデビル・プログラム」を立ち上げ、保全活動に取り組んでいます。
講演会では、現地の最前線でタスマニアデビルの保全プログラムに取り組んでいる州政府の方によるタスマニアデビルの生態や保全活動の最新情報についての紹介とともに、魅力あふれるタスマニア島の自然や、そこに生息するほかの動物の紹介もします。あわせて、多摩動物公園での1年間の飼育について、飼育担当者が報告します。タスマニアデビルの今を、ぜひ知ってください。

写真
【タスマニアデビル「メイディーナ」と「マルジューナ」】

1.日時

平成29年6月18日(日曜) 13時00分~16時00分

2.場所

多摩動物公園 ウォッチングセンター 動物ホール

3.対象

中学生以上

4.定員

200名

5.参加費

無料

6.内容

講演1「タスマニアの野生動物の成り立ち」

デービッド・シャープ氏(オーストラリア連邦タスマニア州政府 セイブ・ザ・タスマニアデビル・プログラム 飼育管理責任者)

講演2「タスマニアデビルを守る取り組み」

デービット・ペンバートン氏(オーストラリア連邦タスマニア州政府 セイブ・ザ・タスマニアデビル・プログラム プログラム管理者)

※講演1と2は、英語から日本語への逐次通訳で進行します。

講演3「メイディーナ、マルジューナの一年」

永田典子(ながたのりこ)(多摩動物公園 飼育展示課 南園飼育展示係)

7.託児サービス

本講演会の開催時間中、0歳~就学前までのお子様の託児サービスを実施します。ご希望の方は、申込時に託児を希望するお子様の年齢(講演会実施日現在)と人数をご連絡ください。料金は無料です。

※定員に限りがありますので、応募多数の場合は抽選となります。
なお、託児サービスについては外部に委託しての実施となります。

8.応募方法

往復はがきまたはEメールで以下のとおりお申し込みください。

往復はがき

往信面に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢、代表者の住所・氏名・電話番号を記入し、返信面に代表者の住所・氏名を明記のうえ、以下の宛先までお申し込みください。また、託児サービスご希望の方は、託児を希望するお子様の年齢(講演会実施日現在)と人数も明記してください。

【宛先】
〒191-0042 日野市程久保7-1-1
多摩動物公園「タスマニアデビル講演会」係

※平成29年6月1日に郵便料金が改定されます。ご注意ください。

Eメール

tasmania(at)tokyo-zoo.net宛に、件名を「タスマニアデビル講演会参加希望」とし、本文に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢、代表者の住所・氏名・電話番号を記入してお送りください。また、託児サービスご希望の方は、託児を希望するお子様の年齢(講演会実施日現在)と人数も明記してください。
お申し込みの際は、@tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。

※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
※お申込みの際ご提供いただいた個人情報は、当該イベントに関するご連絡のみに使用します。
また、データの保管や削除など、個人情報については厳重な管理をいたします。

9.締切

平成29年6月7日(水曜)

※はがきは当日必着、Eメールは7日(水曜)送信分まで有効。
※応募者多数の場合は抽選とし、当落にかかわらずメールまたははがきでお知らせいたします。

ご案内

【多摩動物公園】

<開園時間>
9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)

<休園日>
毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
5月17日(水曜)、24日(水曜)は開園。

<入園料>
一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネット(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る