トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 5月 > 多摩動物公園 ライオンの展示を一部で再開します

ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月09日  建設局, (公財)東京動物園協会

多摩動物公園情報
ライオンの展示を一部で再開します

多摩動物公園(園長 永井清)では、ライオンバス発着所整備工事の準備を行うため、平成29年3月9日からライオンの展示を休止していました(平成29年2月23日付発表)。このたび発着所整備工事の期間中にライオンを放飼するための仮設放飼場がライオン園内に完成しましたので、この仮設放飼場にてライオンの展示を再開いたします。
なお、仮設放飼場はサファリ橋下のわずかなエリアであり、発着所整備工事期間中、ライオンの健康管理と群れの維持のために使用します。このため、放飼個体は日々組合せを変えながら、頻繁にローテーションで交代させる予定です。基本的に10時00分~16時00分の間には、いずれかのライオンがサファリ橋からご覧いただける予定ですが、作業上の空白時間や気象条件、個体の健康管理上の理由により、ご覧いただけない場合もございます。ご来園の皆様にはご不便とご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

図 写真
【仮設放飼場の位置】 【完成した仮設放飼場】
(撮影日:平成29年5月9日)

1.展示再開予定日

平成29年5月11日(木曜)
※毎日10時00分~16時00分に展示する予定です。

2.展示再開動物

アフリカ園 ライオン
※天候や動物の体調管理などにより、展示を中止することもあります。

写真
【室内でくつろぐオスライオン】
(撮影日:平成29年5月3日)

 

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【多摩動物公園】
電話 042-591-1611
建設局公園緑地部管理課
電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る