トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 4月 > ライフ・ワーク・バランスに取り組む企業を募集

ここから本文です。

報道発表資料  2017年04月27日  産業労働局

ライフ・ワーク・バランスに取り組む企業を募集します!

東京都では、生活と仕事の調和の実現に向けて、優れた取組を行っている中小企業等を「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」として認定しています。
認定した企業については、「ライフ・ワーク・バランスフェスタ東京2018」(平成30年2月開催予定)で取組を紹介するなど広く周知します。
今年度は以下のとおり募集しますので、この機会に是非ご応募ください。

図

募集の概要

1 応募対象

都内に本社または主たる事業所を置き、常時雇用する従業員の数が300人以下の企業、団体等

2 募集期間

平成29年4月27日(木曜)~7月7日(金曜)

3 応募方法

以下のいずれかの方法により応募書類を入手し、事務局へ郵送(募集期間内必着)

※昨年度までは、応募にあたって部門を設けておりましたが、今年度からは、企業の取り組みを部門に限定せずに総合的に評価いたします(部門は今年度から廃止いたします)。

選定の流れ(日程は予定)

図

認定企業のメリット

  • 企業PR用DVD及びリーフレットを都が作成・提供します。
  • 「ライフ・ワーク・バランスフェスタ東京2018」で企業PRを行います。

写真

【参考】過去の応募企業・認定企業の声

  • 採用活動の一環で企業PR用DVDを上映した際、学生から大きな反響がありました。
  • コンサルティングにより、時間外労働削減・業務効率化等、ライフ・ワーク・バランスに対する社員の意識が向上しました。
  • 認定後、企業イメージが向上し、採用応募者が増加するとともに、優秀な人材が確保できました。
  • 認定に対する社員からの反響が大きく、ライフ・ワーク・バランスへの取組について、グループ企業全体に波及したと感じています。

平成28年度東京ライフ・ワーク・バランス認定企業一覧(6部門合計13社)(五十音順)

企業名 所在地 業種 主な取組内容
1 長時間労働削減取組部門
株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント 目黒区 サービス業(その他) 週2回のノー残業デーの実施、定時後のミーティングの原則禁止、時間外労働の事前申請制の徹底 等
株式会社ランクアップ 中央区 卸売業・小売業 仕事が終われば就業時間の30分前に帰れる制度、時短勤務制度、選べる時間休制度 等
2 休暇取得促進部門
株式会社アオアクア 江東区 医療・福祉 年次有給休暇の管理を徹底し、取得率100%を実現 等
3 仕事と育児の両立推進部門
株式会社赤ちゃんとママ社 新宿区 情報通信業 育児時短勤務、繰上げ繰下げ勤務等のフレキシブルな制度を、子どもが小学校6年生まで取得可能 等
4 仕事と介護の両立推進部門
株式会社白川プロ 渋谷区 情報通信業 社内向けセミナーや個別相談会を開催、年次有給休暇の未消化分を介護休暇に積み増し 等
5 多様な勤務形態導入部門
アルス株式会社 目黒区 情報通信業 モバイル勤務・在宅勤務による勤務場所の多様化 等
エス・エー・エス株式会社 港区 情報通信業 テレワーク勤務制度の整備、導入 等
ChatWork株式会社 台東区 情報通信業 個々の社員のライフスタイルに応じたリモートワークの実施 等
6 職場における女性の活躍促進部門
株式会社内野製作所 八王子市 製造業 更衣室・休憩室等女性に配慮した施設環境を確立 等
有限会社ケア・プランニング 荒川区 医療・福祉 育休明けの女性スタッフを、短時間正社員制度を活用して管理職へ登用 等
セントワークス株式会社 中央区 情報通信業 ちびおやランチ会(未就学児がいる時短勤務者の情報共有の場)の開催 等
多賀建設株式会社 新宿区 建設業 女性を積極的に採用し、女性活躍の場を拡大 等
株式会社トーリツ 葛飾区 医療・福祉 保育ルームの拡充により女性の職場定着を支援 等

上記のほか、これまでの認定企業をホームページでご紹介しています。詳しくは、TOKYOはたらくネットをご覧下さい。

※別紙 チラシ(PDF:3,726KB)

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱5 誰もが活躍できるまち」

問い合わせ先
産業労働局雇用就業部労働環境課
電話 03-5320-4649

ページの先頭へ戻る