トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 4月 > 緊急時・異常時に、多言語による案内放送を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2017年04月27日  交通局

緊急時・異常時に、多言語による案内放送を実施します
訪日外国人のお客様へ安全・安心をお届けします

交通局では、訪日外国人のお客様に、より安心して都営交通をご利用いただくため、事故や災害等が発生した際、タブレット端末を活用した多言語による駅構内の案内放送を下記のとおり実施することとしたので、お知らせいたします。

1 運用開始日

平成29年4月28日(金曜)

2 対応言語

日本語、英語、中国語、韓国語

3 放送内容

列車遅延等の運行情報、災害等の緊急時放送、啓発放送等

4 実施箇所

都営地下鉄各駅(浅草線押上駅・三田線目黒駅・白金台駅・白金高輪駅・新宿線新宿駅は除く)、日暮里・舎人ライナー「日暮里駅」・「西日暮里駅」

図

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱7 世界に開かれた国際・観光都市」

問い合わせ先
都営交通お客様センター
電話 03-3816-5700(9時00分~20時00分 年中無休)

ページの先頭へ戻る