ここから本文です。

報道発表資料  2017年04月19日  建設局, (公財)東京都公園協会

 

神代植物公園
平成29年度 5月の展示会のお知らせ

当園では、園内に植物等を常時展示する常設展示に対して、出展団体等の協力の元、常設展示では十分に展示できない植物や植物文化の紹介を通じて、来園者に植物に関する知識や興味を深めてもらうことを目的とする特設展示を行っております。
平成29年度5月の日程について、お知らせ致しますので、常設展示と併せて、季節を感じる展示をお楽しみください。

写真
昨年の「さつき展」の様子

1 期間

平成29年5月2日(火曜)~平成29年6月4日(日曜)

2 内容

(1) 春の山草展

  • 日時
    5月2日(火曜)~5月7日(日曜)
  • 場所
    植物会館展示室
    屋外展示場(植物会館前)
  • 内容
    日本産の山野草の他、南アフリカ、アンデス、オーストラリア、中国などの珍しい草木を展示。
    また、絶滅危惧種を中心に無菌培養の植物と山野草の実生栽培の実例を紹介。
  • 協力
    東京山草会

(2) 草もの盆栽展

  • 日時
    5月9日(火曜)~5月14日(日曜)
  • 場所
    植物会館展示室
  • 内容
    山野草を寄せ植えし、盆栽として仕立てた風景作品を展示。
  • 協力
    日本盆栽協会むさしの支部レディースクラブ

(3) ジャーマンアイリス展(切花)

  • 日時
    5月9日(火曜)~5月14日(日曜)
  • 場所
    屋外展示場(植物会館前)
  • 内容
    多彩な花色とアヤメ科の宿根草としては珍しい芳香が見どころのジャーマンアイリスを切花で展示。国産品種を中心に展示し、新しい品種の紹介も。
  • 協力
    日本アイリス・ヘメロカリス協会

(4) 春のバラ展

  • 日時
    5月16日(火曜)~5月21日(日曜)
  • 場所
    植物会館展示室
  • 内容
    ハイブリッドティローズ、フロリバンダ、つるバラをはじめとする様々なバラの一級品を展示。バラ苗や関連書籍等の販売、相談コーナーを設置。
  • 協力
    武蔵野バラ会

(5) 春のミニバラ盆栽展

  • 日時
    5月16日(火曜)~5月21日(日曜)
  • 場所
    屋外展示場(植物会館前)
  • 内容
    ミニバラを用いた盆栽、盆景、ドールガーデンなどを展示。樹齢60年を超える品種を用いた作品もあり。
  • 協力
    ミニバラ盆栽愛好会

(6) さつき展

  • 日時
    5月23日(火曜)~6月4日(日曜)
  • 場所
    植物会館展示室、屋外展示場(植物会館前)
  • 内容
    銘木、銘花、盆景などを展示。サツキの年間手入れのパンフレット配布。
    3月に開催された「小さいさつき盆栽作り教室」参加者の作品も展示。
  • 協力
    東京皐月会

(7) 四季の自然写真展・春

  • 日時
    5月30日(火曜)~6月4日(日曜)
  • 場所
    植物会館ロビー
  • 内容
    特定の花や樹木に限定せず身近な花や花のある風景を写した作品を展示。
  • 協力
    城西フォトクラブ

3 料金

無料(入園料別途)

4 問い合わせ先

神代植物公園サービスセンター
電話番号:042-483-2300

神代植物公園について

開園時間

9時30分~17時00分(最終入園は16時00分)

休園日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日

住所

調布市深大寺元町5-31-10

交通

  • 京王線から
    調布駅から小田急バス吉祥寺駅または三鷹駅行き「神代植物公園前」下車、または京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
    京王線つつじヶ丘駅から京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
  • JR中央線から
    三鷹駅または吉祥寺駅から小田急バス調布駅北口または深大寺行き「神代植物公園前」下車

入園料

一般 500円
65歳以上 250円
中学生 200円

※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※水生植物園及び植物多様性センターは無料で入園できます。
年間パスポート 一般 2,500円 65歳以上 1,250円

問い合わせ先

神代植物公園サービスセンター 電話:042-483-2300

ホームページ

公園へ行こう!神代植物公園(外部サイトへリンク)

公式Twitter

@ParksJindai 都立神代植物公園 園長の採れたて情報

園内マップ

図

ページの先頭へ戻る