トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 4月 > ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2017

ここから本文です。

報道発表資料  2017年04月18日  産業労働局, ショートショートフィルムフェスティバル&アジア事務局

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭!
ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017 開催
東京の魅力を世界に発信するショートフィルムを初公開!

東京都が共催しているアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017」が、6月2日から6月25日まで開催されますので、お知らせします。
アジアインターナショナル部門、ジャパン部門、さらに今回からは、Cinematic Tokyo部門の各優秀賞作品には都知事賞が授与されます。

写真

「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017」のポイント

厳選約250作品を無料上映!

140以上の国と地域から集まった約9,000本の作品から、厳選した約250作品を上映

多彩な「東京」の魅力を発信するプロジェクトを実施!

1 Cinematic Tokyo部門 ~コンペティション~

「東京」をテーマとした作品を国内外から募集。244作品から選りすぐりの10作品を無料上映

2 Tokyo Cine-magic ~ショートフィルム~

新進気鋭の監督によるショートフィルム「HOME AWAY FROM HOME」が、Cinematic Tokyo部門で特別作品として初公開

HOME AWAY FROM HOME

アジア、アフリカ、ヨーロッパなど世界の各地で起こるドラマが東京を中心に交差するファンタジックな作品

写真

  • 原案:アルフォンソ・トーレ
  • 監督、脚本:真壁幸紀
  • キャスト:ジェームス・ジラユ 阿部純子 ハーシェル・ペッパース エリザベス・セイモア イレーヌ・ジャコブ

3 Tokyo Cinema Ensemble ~コラージュ映像~

海外の若手監督数名による「東京」の多様なイメージをつなぎ合わせた映像を制作し、上映

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017 公式ホームページ(外部サイトへリンク)

一般上映(無料)

日程・会場

東京会場

  • 6月2日(金曜)~6月4日(日曜) 表参道ヒルズ スペースオー
  • 6月5日(月曜)~6月9日(金曜) アンダーズ東京 Andaz Studio
  • 6月7日(水曜) 恵比寿act*square
  • 6月7日(水曜)~6月11日(日曜) ラフォーレミュージアム原宿
  • 6月15日(木曜)~6月18日(日曜) iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ

横浜会場

  • 6月2日(金曜)~6月25日(日曜) ブリリアショートショートシアター
    ※毎週月曜日を除く

※1 オープニングセレモニーは6月1日(木曜)、アワードセレモニー(授賞式)は6月11日(日曜)に報道関係者等を対象として実施します。
※2 上映時間・プログラム内容等詳細は、公式ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧下さい。

申込方法

(1) 事前申込

ホームページにて4月18日より先着順で受け付けます。

(2) 当日申込

当日の初回上映20分前から受付を開始、先着順に整理券を配布いたします。
なお、満席によりご入場いただけない可能性もございますので、事前申込をお勧めします。

※有料イベントについて
期間中、一部イベントが有料で開催されます。詳細は公式ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧下さい。

クリエイターズセミナー(無料)

【ショートフィルムセミナー:Cinematic(映画的)、Cinematec(技術的革命)とは?】

アメリカ公開決定前の作品も多数出品され、年々注目度が高まっているニューヨークのトライベッカ映画祭。本映画祭にセレクションされるショートフィルムの性質や、「Cinematic(映画的)」なショートフィルムについて紹介するクリエーター必聴のセミナーです。

  • 日時・会場
    6月9日(金曜)20時00分~21時50分 ラフォーレミュージアム原宿
  • 講師
    ベン・トンプソン氏(トライベッカ映画祭、ショートフィルム・プログラマー)
    写真
  • 申込方法
    ホームページにて4月18日より先着順で受け付けます。

※講演内容は、当日、若干変更となる可能性があります。

「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」について

平成11年(1999年)、俳優の別所哲也氏がハリウッドのショートフィルム(短編映画)を紹介する映画祭として「ショートショートフィルムフェスティバル」を創設。
平成16年(2004年)、同フェスティバルが米国アカデミー賞公認映画祭として認定され、これにより本映画祭グランプリ作品は、米国アカデミー賞のノミネート選考対象作品となる。
東京都は、平成16年より本フェスティバルのアジアと日本を対象とする部門「ショートショートフィルムフェスティバルアジア」を創設し、共催。
2つの映画祭は、平成18年(2006年)より「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」として同時開催されている。

問い合わせ先
(プロジェクトに関すること)
産業労働局観光部振興課
電話 03-5320-4786
(映画祭全体及び取材に関すること)
ショートショートフィルムフェスティバル&アジア事務局
電話 03-5474-8844

ページの先頭へ戻る