トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 4月 > 自動車環境管理計画書制度 第3期計画期間の実績報告

ここから本文です。

報道発表資料  2017年04月14日  環境局

自動車環境管理計画書制度 第3期計画期間の実績報告
自動車からのCO2排出量143万トン削減
平成27年度までの5年間

都は、環境確保条例に基づく、自動車環境管理計画書制度を平成13年度から実施しています。
本制度では、都内(島しょを除く)で30台以上の自動車を使用する全ての事業者に対して、自動車による環境への負荷を低減させるため、自主的な環境配慮の取組について、5か年ごとの計画書と毎年の実績報告書の提出を義務付けています。
このたび、平成27年度までの5年間で重点的に取り組んだCO2削減の実績を集計しましたので、お知らせいたします。
なお、事業者ごとの取組については、環境局のホームページに掲載しています。

平成27年度までの5年間のCO2排出削減実績は143万トン

図

分析データ:実績報告書を平成27年度まで連続して提出している1,535社のデータ
基準排出量:平成18~22年度のうち事業者が任意に選択した連続する3か年の平均CO2排出量

事業者のCO2削減のための主な取組

  • 取組1) 低公害・低燃費車への代替
  • 取組2) エコドライブと自動車使用の合理化

取組1) 低公害・低燃費車への代替

ハイブリッド車等の環境性能の高い低公害・低燃費車への代替が進みました。

  • 低公害・低燃費車※1への代替が進み、平成27年度においては、特定事業者が使用する自動車のうち低公害・低燃費車の占める割合が半数近く(46%)※2まで向上しています。
  • 都内の次世代自動車等の割合が9.6%※3であるのに対し、本計画書を提出している事業者では10.2%※4と上回っています。
  • 図

※1 低公害・低燃費車とは、排出ガスを発生しない、または排出ガスの発生量が特に少なく、かつ、燃費性能が特に高いと知事が定めた自動車
※2 計画書における自動車数215千台、うち低公害・低燃費車98千台
※3 都内の自動車数3,920千台(三輪、二輪、特殊、被牽引除く)
次世代自動車等とは、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車を指し、376千台
(自動車検査登録情報協会 平成28年3月末)
※4 計画書における自動車数215千台、うち次世代自動車等22千台

取組2) エコドライブと自動車使用の合理化

環境に対する社内意識の改善により、エコドライブや自動車の使用の合理化に努めています。

貨物運送業及び旅客運送業

  • ほぼすべての事業者でエコドライブ教育が実施されています。
  • 日ごろの燃費管理を徹底した上で、目標燃費を掲げ、社員一丸となって燃費の向上に取り組んでいます。
  • 社内でエコドライブコンテストや優良ドライバー表彰を実施し、ドライバーの意欲を向上させる環境作りを推進しています。

図

全業種

  • 共同輸配送などの車両の有効利用、公共交通機関の利用促進など自動車使用の合理化が進んでいます。

図

 

問い合わせ先
環境局環境改善部自動車環境課
電話 03-5388-3510

ページの先頭へ戻る