トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 4月 > 平成29年度 貨物輸送評価制度の申請受付開始

ここから本文です。

報道発表資料  2017年04月05日  環境局

平成29年度貨物輸送評価制度の申請受付開始
CO2削減に努力する運送事業者を実走行燃費により東京都が評価

都は、自動車からのCO2を削減する取組として、緑・黒ナンバーの貨物運送事業者のエコドライブなど日常的な努力を実走行燃費で評価する「貨物輸送評価制度」を実施しています。
このたび、平成29年度における申請受付を開始いたしますので、お知らせいたします。
多くの事業者が本制度の評価取得を目指すことがCO2の削減につながりますので、環境配慮に前向きに取り組む事業者のみなさまのチャレンジをお待ちしています。
また、制度開始から5年経過したことを踏まえ、本年度より評価方法を一部改定するなど制度を改定いたします。詳細は、制度改正のポイントをご参照ください。

1 評価対象事業者

都内を発着する貨物自動車運送事業者(事業所の所在地は都内外を問いません。)

2 申請

(1) 受付期間

平成29年5月8日(月曜日)から5月26日(金曜日)まで

(2) 申請内容

  • 事業者の全車両の燃費記録(平成28年4月から平成29年3月までの1年間分)
  • ドライバーに対するエコドライブの教育訓練・指導等の体制
  • 燃費データの集計・分析など燃費に係る日常的な管理体制

(3) 申請手続き

  • 申請窓口は、委託先の「一般社団法人東京都トラック協会」です。申請手数料は無料です。

※手続きの詳細は、同協会(外部サイトへリンク)もしくは環境局のホームページをご覧ください。
※申請手続き等に関する説明会を開催いたします。詳細は開催概要をご参照ください。

3 評価

審査の結果、評価を取得した事業者には平成29年7月頃、一つ星から三つ星の評価証明書を交付します。

4 評価取得のメリット

  • ロゴマークをトラック等に貼付することにより、CO2削減の努力と実績をアピールすることができます。
  • 環境に配慮した事業者の情報を紹介するホームページで、評価取得を荷主にアピールすることができます。(グリーン購入ネットワークの「エコ商品ネット」)
  • 都は、荷主の業界団体を個別訪問(過去3年間で延べ90団体)し、評価を取得した事業者の活用を働きかけています。
図
<ロゴマークイメージ>

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱1 スマートエネルギー都市」

問い合わせ先

環境局環境改善部自動車環境課
電話 03-5388-3462

〔参考〕

制度の概要

(1) 評価事業対象者

営業地を問わず、都内に貨物を運送する貨物自動車運送事業者(緑・黒ナンバー事業者)が対象です。営業所単位でなく「会社全体」に対する評価を行います。

(2) 審査事項

  1. ドライバーへの教育訓練、指導体制構築の状況
    エコドライブ実践のため継続的な教育訓練、指導等を行う体制を構築していること。
  2. 燃費管理の状況
    車両ごとにドライバーが燃料補給時に走行距離と給油量を記録するとともに、運行管理者等により実走行燃費を管理していること。(事業者の全車両の前年度1年分の燃費記録が必要です。)
  3. 燃費データベース構築の状況
    取組内容の適時改善のため、燃費記録をデータベースで集計・分析していること。

(3) 評価方法・結果

一般社団法人東京都トラック協会の「グリーン・エコプロジェクト」で蓄積した月単位の燃費データ約96万件から車種・重量等により設定した60の車両区分の平均燃費値(ベンチマーク)をもとに、事業者の個々の自動車の実走行燃費の偏差値を算出し、各事業者の全車両の平均偏差値で評価を行います。

※評価事業者は、日常的な燃費管理の状況などから評価しており、一つ星であってもCO2削減の取組は優れたレベルにあるといえます。

(4) 評価取得事業者数の推移

  平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
事業者数 115 149 192 229 264

ページの先頭へ戻る