ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月31日  生活文化局

産業

花粉症対策について

奥多摩周辺の都内への花粉の飛散を、杉を伐採して防御する。これにより杉花粉に苦しむ多くの都民の救世主となす。

取組

東京の森林・林業に関する御意見を頂き、ありがとうございます。
東京都では、花粉の少ない森づくりを進めるため、平成18年度よりスギ林を伐採し、「東京の木多摩産材」として利用し、その跡地に花粉の少ないスギ等を植栽、保育しております。
今後とも、東京の森や東京の木多摩産材に対する都民の皆さまの御支援・御協力をよろしくお願いいたします。
(産業労働局)

ページの先頭へ戻る