ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月30日  産業労働局

〔別紙2〕

業務改善命令

処分日:平成29年3月30日
業者名(代表者名)・登録番号・登録日 登録上の営業所所在地 処分理由(違反事項)
ノアキャピタル株式会社
(重長勝己)
東京都知事(3)31066号
平成26年4月30日
新宿区新宿五丁目1番1号
ローヤルマンションビル201
・禁止行為(白紙書類の徴求)
・禁止行為(過大担保の徴求)
・極度方式基本契約における締結前書面の不交付
・極度方式基本契約における締結時書面の不交付(※)

1 業務改善の内容

資金需要者等の利益の保護を図るため、処分理由(違反事項)と同種事案の再発防止に関し、次に掲げる事項について必要な措置を講じ態勢の整備を図ること。

  1. 貸付の契約に際し、白紙の契約書に署名させ、徴求しないこと。
  2. 担保を設定する場合は、融資金額に比して過大となることのないよう、社内において、一定の基準を設けて明確にするとともに、周知徹底を図ること。
  3. 極度方式基本契約を締結しようとする際、当該契約を締結までに、法令で定める事項を明らかにし、当該契約の内容を説明する書面を交付すること。
  4. 極度方式基本契約を締結した際、法令で定めるところにより、当該契約の内容を明らかにする書面を交付すること。

【参考】
(※)極度方式基本契約における締結時書面の不交付
貸金業者は顧客と極度方式基本契約を締結したときは、法令で定められた事項を記載した契約締結時書面を交付することが義務づけられています。
しかし、当該貸金業者はこの義務を怠り、極度方式基本契約に際して、契約締結時の書面を交付しませんでした。

 

貸金業対策課に寄せられる苦情・相談が、業者の行政処分のきっかけになっています。
おかしいな、変だなと思ったら、貸金業対策課にご相談ください。

東京都知事登録の貸金業者に関する苦情・相談

  • 電話:03-5320-4775(貸金業対策課)
  • 時間:午前9時00分から午後5時00分まで(正午から午後1時00分は除く)
    (土曜・日曜・祝日・年末年始は除く)

ページの先頭へ戻る