トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 3月 > 「心のバリアフリーに関する事例収集及び意識調査」結果

ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月29日  福祉保健局

「心のバリアフリーに関する事例収集及び意識調査」の結果

東京都では、心のバリアフリーに関し、意識や取組の現状を把握するとともに、高齢者や障害者、外国人等のまちなかでの実体験の事例を収集するための調査を実施し、その結果がまとまりましたので公表いたします。
この調査結果は、だれもが心のバリアフリーを実践し、実感できるまちづくりや、そのための効果的な普及啓発の方策等について検討するために基礎資料として活用します。

1 調査対象者及び調査方法

調査総数:1,200人(回収:844人)

  1. 障害者手帳所持者から無作為抽出し、訪問による聞き取り調査(600人)
  2. 子育て中の人、外国人及びその他都民に対する、街頭等での聞き取り調査(600人)

2 調査期間

平成28年8月10日から10月10日まで

3 調査結果の概要

別紙「心のバリアフリーに関する事例収集及び意識調査」概要のとおり

4 その他

調査報告書は福祉保健局ホームページでも公開します。

※本調査の他に、以下の調査の結果についても、同時に公表しています。

※別添 「心のバリアフリーに関する事例収集及び意識調査」報告書(PDF:2,154KB)

問い合わせ先

福祉保健局生活福祉部地域福祉推進課
電話 03-5320-4047

ページの先頭へ戻る