トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 3月 > 九都県市 特定健康診査受診率向上キャンペーンを実施

ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月29日  福祉保健局

九都県市ではPR動画を活用した「国民健康保険特定健康診査受診率向上キャンペーン」を実施します

死亡原因の5割超を占める生活習慣病を早期に発見し改善を図るためには、特定健康診査を積極的に受診することが重要です。
九都県市と関係市区町村は、安心して長生きできるための健康増進に対する取組の一つとして、特定健康診査の受診率向上を目的に、動画を活用したキャンペーンを実施します。

実施期間

平成29年6月1日(木曜日)から平成29年6月30日(金曜日)

実施方法

 特定健康診査実施時期に合わせて、新宿駅西口大型ビジョン等に動画を放映し、特定健康診査をPRします。

動画について

民間企業・大学の協力を得て若年層(40歳代から50歳代)に向けた特定健康診査PR用として制作した動画を使用します。

背景

特定健康診査は、40歳から74歳の医療保険加入者を対象にした健康診断で平成20年度から実施されています。
平成26年度の特定健康診査受診率は、医療保険加入者全体では48.6%であるのに対し、市町村国保に限ると35.3%にとどまっており、その中でも大都市ほど低い状況にあり、受診率の向上が求められています。

福祉保健局ホームページでも視聴可能です。
※別紙 使用する動画イメージ(PDF:325KB)

問い合わせ先

福祉保健局保健政策部国民健康保険課
電話 03-5320-4166

 

ページの先頭へ戻る