トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 3月 > 法律違反業者に対する行政処分(業務停止)

ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月28日  福祉保健局

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律違反業者に対する行政処分(業務停止)について

 本日、都は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下、「法」という。)第75条第1項に基づき、有限会社ツルミ薬品(卸売販売業)に対し、下記のとおり業務停止を命じましたので、お知らせいたします。

1 被処分者の住所、氏名及び処分内容

(1) 被処分者の住所、氏名

  • 住所:東京都江戸川区江戸川3-23-7
  • 氏名:有限会社ツルミ薬品(代表取締役 靏見和夫)

(2) 処分内容

平成29年3月29日から同年4月9日までの12日間、以下の営業所における医薬品の販売(授与を含む。)業務の停止

  • 所在地:東京都江戸川区江戸川3-23-7
  • 名称:有限会社ツルミ薬品
  • 許可番号:第0323970049号

2 違反事実及び違反条項

  1. 記1の者は、向精神薬を含む医薬品を譲り渡すことのできない相手に対して販売した。
    このことは、法第34条第3項に違反する。
  2. 上記1の者は、処方箋医薬品を自己使用する目的で購入することを知りながら、処方箋の交付を受けていない者に販売した。
    このことは、法第49条第1項に違反する。

3 その他

本件にかかる健康被害の報告はない。

問い合わせ先

福祉保健局健康安全部薬務課
電話 03-5320-4511

〔参考〕

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(抜粋)

(卸売販売業の許可)
第三十四条 卸売販売業の許可は、営業所ごとに、その営業所の所在地の都道府県知事が与える。
2 次の各号のいずれかに該当するときは、前項の許可を与えないことができる。
一 その営業所の構造設備が、厚生労働省令で定める基準に適合しないとき。
二 申請者が、第五条第三号イからヘまでのいずれかに該当するとき。
3 卸売販売業の許可を受けた者(以下「卸売販売業者」という。)は、当該許可に係る営業所については、業として、医薬品を、薬局開設者等以外の者に対し、販売し、又は授与してはならない。

(処方箋医薬品の販売)
第四十九条 薬局開設者又は医薬品の販売業者は、医師、歯科医師又は獣医師から処方箋の交付を受けた者以外の者に対して、正当な理由なく、厚生労働大臣の指定する医薬品を販売し、又は授与してはならない。ただし、薬剤師等に販売し、又は授与するときは、この限りでない。
2 薬局開設者又は医薬品の販売業者は、その薬局又は店舗に帳簿を備え、医師、歯科医師又は獣医師から処方箋の交付を受けた者に対して前項に規定する医薬品を販売し、又は授与したときは、厚生労働省令の定めるところにより、その医薬品の販売又は授与に関する事項を記載しなければならない。
3 薬局開設者又は医薬品の販売業者は、前項の帳簿を、最終の記載の日から二年間、保存しなければならない

(許可の取消し等)
第七十五条 厚生労働大臣は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器若しくは再生医療等製品の製造販売業者、医薬品(体外診断用医薬品を除く。)、医薬部外品、化粧品若しくは再生医療等製品の製造業者又は医療機器の修理業者について、都道府県知事は、薬局開設者、医薬品の販売業者、第三十九条第一項若しくは第三十九条の三第一項の医療機器の販売業者若しくは貸与業者又は再生医療等製品の販売業者について、この法律その他薬事に関する法令で政令で定めるもの若しくはこれに基づく処分に違反する行為があつたとき、又はこれらの者(これらの者が法人であるときは、その業務を行う役員を含む。)が第五条第三号、第十二条の二第三号、第十三条第四項第二号(同条第七項において準用する場合を含む。)、第二十三条の二の二第三号、第二十三条の二十一第三号、第二十三条の二十二第四項第二号(同条第七項において準用する場合を含む。)、第二十六条第四項第三号、第三十条第二項第二号、第三十四条第二項第二号、第三十九条第三項第二号、第四十条の二第四項第二号(同条第六項において準用する場合を含む。)若しくは第四十条の五第三項第二号の規定に該当するに至つたときは、その許可を取り消し、又は期間を定めてその業務の全部若しくは一部の停止を命ずることができる。
2 (略)
3 (略)

ページの先頭へ戻る