トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 3月 > 恩賜上野動物園 キリンの「リンゴ」が来園

ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月28日  建設局, (公財)東京動物園協会

恩賜上野動物園情報
キリンの「リンゴ」が上野動物園にやってきます

恩賜上野動物園(園長 土居利光)へ、盛岡市動物公園で飼育されているキリンの「リンゴ」が来園することになりましたので、お知らせします。

1.来園するキリン

  • 名前
    リンゴ
  • 性別
    メス
  • 年齢
    2歳
    2015年3月24日 盛岡市動物公園生まれ
  • 両親
    父親:リンタ(埼玉県こども動物自然公園生まれ)
    母親:ユズ(多摩動物公園生まれ)
写真
【来園するキリン「リンゴ」】

2.来園予定日

平成29年4月13日(木曜)

3.経緯など

キリンは、生息環境の悪化や密猟などにより絶滅の危機が増大し、2016年には国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにおいて絶滅危惧2類に指定されました。そのため、日本国内の動物園では相互協力しながら、繁殖可能なキリンを動物園同士で移動させることにより新たなペアづくりを進め、繁殖を促す取組みを行っております。
当園では、平成11年3月に多摩動物公園から来園したメスの「コハル」と、平成23年6月に横浜市立野毛山動物園からやってきたオスの「ヒナタ」との間で繁殖を目指していましたが、平成27年1月7日にコハルが死亡したため、それ以降はヒナタ1頭だけの飼育が続いていました。
このたび、ヒナタとのペアづくりのため盛岡市動物公園からメスのリンゴを迎え入れ、キリンの繁殖に取り組んでいく予定です。
※「絶滅危惧2類」の数字の正しい表記はローマ数字です。

4.当園での飼育状況

1頭(オス1) ※今回来園する「リンゴ」は含みません。

オス「ヒナタ」 6歳10ヵ月

  • 2010年5月25日 誕生
  • 2011年6月27日 上野動物園来園

5.国内の飼育状況(2015年12月31日現在)

58園館 151頭(オス69、メス82)

※資料:キリン国内血統登録【(公社)日本動物園水族館協会】

【参考】

キリン(偶蹄目 キリン科)
(IUCNレッドリスト:VU(絶滅危惧2類))

  • 学名
    Giraffa camelopardalis
  • 英名
    Giraffe
  • 体長
    頭までの高さ約4.5~6メートル
  • 体重
    約750~1500キログラム
  • 分布
    アフリカ中央部、東部、西部、南部の草原・森林
  • 生態等
    陸上ではもっとも背の高い動物です。50センチメートル近くもある長い舌をじょうずに使って木の葉をむしり取って食べ、またウシと同じように反すうをします。

問い合わせ先

(公財)東京動物園協会
【恩賜上野動物園】
電話 03-3828-5171
建設局公園緑地部管理課
電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る