トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 3月 > インターネット福祉保健モニター結果 健康や地域の意識

ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月27日  福祉保健局

「健康に関する意識と地域のつながりに関する意識等」についてアンケートを実施
インターネット福祉保健モニターアンケート結果

都では、誰もが生涯にわたり健やかで心豊かに暮らすことができるよう、生活習慣病の発症予防や、生活習慣の改善の取組を進めています。
今より1皿分多く野菜を食べたり、あと10分程度、身体活動(約1,000歩)を増やすことが生活習慣病の予防や改善につながることが分かっています。
取組の一つとして、東京の魅力を再発見し、楽しみながらウォーキングができるよう、平成28年10月には、都内区市町村の作成したウォーキングマップを紹介する特設サイト「トーキョーウォーキングマップ」を開設しました。
また、都市部においては、地域における人と人との関係が希薄になっていると言われていますが、近年、地域のつながりが豊かなほど、住民の健康状態が良いことがわかってきています。いくつになっても地域活動等に参加し、イキイキと過ごしていただけるよう、パンフレット等による普及を行っています。
これらの健康づくりの取組を進めていく際の参考とさせていただくため、健康に関する意識と地域のつながりに関する意識等について、福祉保健モニターに登録している方を対象に、アンケート調査を実施したので、お知らせいたします。

アンケート結果のポイント

  • 自分の健康状態を「よい」(「よい」と「まあよい」)と感じている人は約76%(Q1)。
  • 健康診断等を毎年受けている人は約82%(Q2)。また、健診等の受診に際し、どのようなサポート(情報)がその後の自身の健康づくりに役立つと思うか聞いたところ、「健診等の結果受領時に、自分の結果と関連する疾病について情報を得ることができる」が67%、「健診等の結果受領時に、検査項目の意味(検査項目と疾病の関連等)についての情報を得ることができる」が約65%(Q3)。
  • 「トーキョーウォーキングマップ」のサイトを利用して、ウォーキングをしようと思う人は約66%(Q8)。
  • 地域の人との関わりの程度について聞いたところ、「相談しあえる人がいる」が約21%、「立ち話をする人がいる」が約29%、「挨拶をする人がいる」が約38%(Q12)。
  • 地域におけるボランティア活動や趣味のグループへの参加状況について聞いたところ、「スポーツ・文化・芸術に関係した活動」「高齢者を対象とした活動」「まちづくりのための活動」に参加している人がそれぞれ20%を超えている一方、「参加していない」人も約30%いる(Q15)。
  • 自分が住んでいる区市町村が住民の健康づくりの取組に積極的であると思うか聞いたところ、「思う」(「思う」と「そう思う」の合計)と答えた人は約55%(Q16)。

※別紙 アンケートの概要、回答者属性

※別添 平成28年度インターネット福祉保健モニター第3回アンケート「健康に関する意識と地域のつながりに関する意識等について」(PDF:1,048KB)

問い合わせ先

福祉保健局総務部総務課
電話 03-5320-4032

ページの先頭へ戻る