トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 3月 > 都立蘆花恒春園への保育所設置について

ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月24日  建設局

都立蘆花恒春園への保育所設置について

保育所の設置を予定している都立蘆花恒春園の一部で、基準値を超える「鉛及びその化合物」が検出されたことを受けた、追加調査の結果※が出ました。

今後、これを受けて、土壌汚染対策法に基づき手続を進めるとともに適切な対策を講じ、保育所設置予定地の安全性を確保してまいります。

引き続き地元区や保育事業者など関係者間で調整を進め、早期の保育所の開所を目指してまいります。

園内マップ

図

※調査結果(保育所設置予定地での検出物質)

  • ほう素及びその化合物(最大で基準値の4.8倍)
  • 鉛及びその化合物(最大で基準値の4.4倍)
  • ふっ素及びその化合物(最大で基準値の1.04倍)

※対象区域を10メートルメッシュに区分し、現況地盤の下、深さ概ね4メートルの部分の土壌を採取

問い合わせ先

建設局公園緑地部公園課
電話 03-5320-5377
建設局公園緑地部公園建設課
電話 03-5320-5384

 

ページの先頭へ戻る