トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 3月 > 民間賃貸住宅の被災者への提供に関する協定を締結

ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月27日  都市整備局

「関東ブロック大規模広域災害時における民間賃貸住宅の被災者への提供に関する協定」の締結について

下記により、首都直下地震等の大規模広域災害発生時における被災者の居住安定の確保を図るため、9都県と関係団体との間で、民間賃貸住宅の被災者への提供に関する協定を締結しますので、お知らせします。

1. 協定の概要

(1) 協定名

関東ブロック大規模広域災害時における民間賃貸住宅の被災者への提供に関する協定

(2) 協定の当事者

  • 関係都県
    茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県
  • 関係団体
    関係都県宅地建物取引業協会(9団体)
    全日本不動産協会関係都県本部(9団体)
    全国賃貸住宅経営者協会連合会及び東京共同住宅協会

(3) 主な内容

  1. 都県は、大規模広域災害が発生し必要と認める場合、自都県に所在する関係団体に対し、応急借上げ住宅(民間賃貸住宅を借り上げて供与する応急仮設住宅)として被災者に提供可能な民間賃貸住宅の情報提供及びその円滑な提供に向けた協力を要請するとともに、他の都県に対し、被災者への応急借上げ住宅の提供を要請する。
  2. 要請を受けた都県は、自都県に所在する関係団体に対し、応急借上げ住宅として被災者に提供可能な民間賃貸住宅の情報提供及びその円滑な提供に向けた協力要請する。
  3. 関係団体は、都県からの要請があった場合、応急借上げ住宅として提供可能な民間賃貸住宅に関する情報提供及びその円滑な提供に向けて、可能な限り協力する。

2. 協定締結日

平成29年3月27日

問い合わせ先

都市整備局住宅政策推進部住宅政策課
電話 03-5320-4938
都市整備局住宅政策推進部不動産業課
電話 03-5320-5072

ページの先頭へ戻る