トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 3月 > 成長産業等設備投資特別支援助成事業 支援対象を決定

ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月22日  産業労働局, (公財)東京都中小企業振興公社

第5回「成長産業等設備投資特別支援助成事業」
支援対象事業が決定しました

東京都及び(公財)東京都中小企業振興公社では、都内中小企業が更なる成長に向けて、次なる一歩を踏み出す取組を支援するため、「成長産業等設備投資特別支援助成事業」を平成26年度より実施しています。
本事業は、成長産業分野(健康、環境・エネルギー、危機管理、航空機、ロボット)での事業展開に必要となる機械設備、付加価値の高いものづくりを目指すために必要となる先端機械設備、又は自社の課題を解決するために必要となる先端機械設備の新たな導入に要する経費の一部を助成するものです。
この度、審査の結果、第5回の支援対象事業48件を決定しましたので、お知らせします。
※今回で「成長産業等設備投資特別支援助成事業」は終了となり、平成29年度からは、全ての業種の方々を対象とした「革新的事業展開設備投資支援事業」を新たに開始いたします。

支援対象事業の概要

支援対象事業のうち、「成長産業分野」の事業が約4割を占め、また2割程度が「小規模企業者」となっております。

成長産業等設備投資特別支援助成事業の概要

助成対象者 東京都内に登記簿上の本店又は支店があり(個人にあっては都内で開業届出をして事業を営ん
でいる者)、平成28年10月1日時点で2年以上事業を継続している中小企業者等
助成対象事業

以下の1)~3)のいずれかの事業であること

  1. 成長産業分野で事業を展開するために必要となる機械設備等を新たに導入する事業
    〔成長産業分野〕健康、環境・エネルギー、危機管理、航空機、ロボット
  2. 成長産業分野以外で、付加価値の高いものづくりを目指すために必要となる先端機械設備等
    を新たに導入する事業
  3. 成長産業分野以外で、自社の課題を解決するために必要となる先端機械設備を新たに導入
    する事業(※「中小企業活力向上事業(成長アシストコース)完了企業」及び「TOKYO働き方改革
    宣言企業」のうち「生産性向上コンサルティング実施企業」限定)
助成限度額 助成限度額1億円(下限額100万円)助成率2分の1以内
助成率 〔小規模企業者の場合は、助成限度額3,000万円(下限額100万円)助成率3分の2以内〕
※小規模企業者:常用従業員数が製造業・その他の場合は20人以下、商業・サービス業の場合は5人以下
助成対象期間 平成28年10月1日から平成30年6月30日まで(1年9ヶ月以内)
助成対象経費 機械設備(試験測定機器を含む)の購入経費等

 

問い合わせ先

(制度全般に関すること)
産業労働局商工部創業支援課
電話 03-5320-4745
(助成金に関すること)
(公財)東京都中小企業振興公社設備リース課
電話 03-3251-7884

 

ページの先頭へ戻る