トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 3月 > 霞ヶ関CCの定款細則の改定に関する知事コメント

ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月20日  オリンピック・パラリンピック準備局

霞ヶ関カンツリー倶楽部の定款細則の改定に関する知事コメント

本日、東京2020オリンピック競技大会のゴルフ会場となる霞ヶ関カンツリー倶楽部が臨時理事会を開催し、定款細則の改定を決議されました。
これを受けて、知事のコメントを下記のとおり、お知らせいたします。

東京都知事 小池百合子

本日、霞ヶ関カンツリー倶楽部の理事会で定款細則の改定を決議された旨の報に接しました。
倶楽部の自主的なご英断に敬意を表するとともに、会員の皆様のご努力に感謝を申し上げます。
日本を代表するゴルフクラブの実績が、ダイバーシティの実現を促進させることを期待するとともに、まさに、東京2020大会のレガシーとなるものと確信いたします。
すばらしい会場でゴルフ競技が大いに盛り上がることを期待しております。
都としても、東京2020大会に向けて万全の準備を進めてまいります。

問い合わせ先
オリンピック・パラリンピック準備局総務部総務課
電話 03-5388-2217

ページの先頭へ戻る