ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月09日  都市整備局

〔別紙1〕

宅地建物取引業者に対する行政処分について

平成29年3月9日
都市整備局住宅政策推進部不動産業課

被処分者 商号 株式会社セントラル不動産
代表者 代表取締役 岡哲史(おかてつし)
主たる事務所 東京都千代田区神田和泉町1番地3の2
免許年月日 平成27年10月23日
免許証番号 東京都知事(1)第98461号
聴聞年月日 平成29年2月10日
処分内容 宅地建物取引業務の全部停止15日間
業務停止期間 平成29年3月24日から同年4月7日まで
適用法条項 宅地建物取引業法第65条第2項第4号
(報告命令の拒否による業務の停止)
事実関係 被処分者には、下記のとおり、宅地建物取引業法(以下「法」という。)違反があった。

被処分者は、自ら売主として、買主Aとの間で、平成28年4月13日付けで、栃木県那須郡那須町所在の土地甲の売買契約を締結した。
また、被処分者は、自ら売主として、買主Bとの間で、以下1及び2の土地売買契約を締結し、その後、当該土地売買契約により買主Bが購入した土地の取引に係る媒介業務を行った。
1 平成28年5月13日付けで締結された、栃木県那須郡那須町所在の土地乙の売買契約
2 平成28年5月18日付けで締結された、栃木県那須郡那須町所在の土地丙の売買契約

上記の業務に関して、平成28年7月から同年10月までの間に、計3回にわたり、法第72条第1項の規定に基づく報告のための来庁を求められたにもかかわらず、正当な理由なく報告命令に従わなかった。

このことは、法第65条第2項第4号に該当する。

ページの先頭へ戻る