トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 3月 > 世界発信コンペティション募集を開始

ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月06日  産業労働局, (公財)東京都中小企業振興公社

東京2020公認プログラム
世界発信コンペティション 募集を開始します!
都内中小企業が開発した革新的で将来性のある製品・技術、サービスを表彰

東京都と(公財)東京都中小企業振興公社は、「世界発信コンペティション」の募集を本日から開始します。
「世界発信コンペティション」は都内の中小企業や中小企業団体、中小企業グループ、個人事業主がその技術力を活かして開発した「革新的で将来性のある製品・技術、サービス」に対して表彰するものです。表彰は「製品・技術(ベンチャー技術)部門」と「サービス部門」の2部門で、「スポーツ・健康」「バリアフリー」「環境」「観光・おもてなし」をはじめとする幅広い分野からの募集を受付けます。このコンペティションを通じて、中小企業等の優れた製品・技術やサービスの開発を促進するとともに国内外への販路開拓を目指します。

図

対象

  • 革新的で将来性のある製品・技術、サービス(開発分野例は以下を参照)
  • 平成29年7月1日までに日本国内において自社名義で販売又は提供を開始している製品・技術、サービス
  • 商品化から5年未満(平成24年7月1日以降)の製品・技術、サービス

応募締切

  • 平成29年5月26日(金曜)必着(持参又は郵送等)

部門・賞

  • 「製品・技術(ベンチャー技術)部門」及び「サービス部門」
  • 両部門とも各賞に開発・販売等奨励金を授与
    • 大賞 300万円
    • 優秀賞 150万円
    • 奨励賞 100万円
    • 特別賞 50万円
    ※各賞受賞企業の中から、女性経営者や開発者等を対象として、「女性活躍推進知事特別賞」を贈呈します。なお、該当がない場合もあります。
  • 表彰式は、11月15日(水曜)に「産業交流展2017」において行う予定です。
写真
<昨年の表彰式>

製品・技術、サービスの開発分野 例

  • 「スポーツ・健康」
    医療会話サポートアプリによるサービスなど
  • 「環境」
    産業排水等の高粘度浮遊物回収装置など
  • 「安全・安心、防災」
    ヘルメット装着型バイク用ドライブレコーダーなど
  • 「バリアフリー」
    QOL向上のための介護機材開発サービスなど
  • 「観光・おもてなし」
    QRコードを活用した多言語翻訳サービスなど
  • 「文化・教育・その他」
    紙のように折ることができる金網製折り紙など

2016年世界発信コンペティション大賞受賞企業の声

東京都ベンチャー技術大賞

株式会社エヌエスケーエコーマーク
代表取締役 西牧寛次氏

スポーツウェアにつける日の丸などは耐久性が必要。特に水泳の場合、塩素が効いた水中で美しいマークを保つのが大変でした。そこで当社では水着素材へのマーク転写が簡単で高い接着力のある素材を開発しました。
今回、大変光栄な賞を頂き、緊張で身が引き締まる思いがします。受賞の付加価値により、様々な分野からのお問い合わせも頂いております。

写真

東京都革新的サービス大賞

株式会社PIJIN
代表取締役 松本恭輔氏

QR Translatorは、様々な形式での情報の多言語化/ユニバーサル対応をワンストップの仕組みで実現するプラットフォームです。受賞を機に問い合わせも増えており、今後は防災などの観光用途以外の分野でも情報インフラとしての標準化を目指して、さらなるサービス普及・拡大に力を入れていきたいと考えています。

写真

中小企業世界発信プロジェクト2020とは

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等の開催を契機として、中長期的に様々なビジネスチャンスが見込まれています。
「中小企業世界発信プロジェクト2020」は、こうしたチャンスを都内の中小企業はもとより、日本全国の中小企業に波及させ、その優れた技術・製品等を世界に発信するプロジェクトです。
「世界発信コンペティション」は本プロジェクトの一事業として実施しています。

東京都は、日本各地と連携して、双方の強みを活かし、双方に高い効果が見込まれる産業振興施策を「ALL JAPAN & TOKYOプロジェクト」として実施しています。「世界発信コンペティション」を本プロジェクトの施策として、実施します。
詳細及び応募についてはホームページをご覧ください。

※本事業は平成29年度歳入歳出予算が平成29年3月31日までに都議会で可決された場合に実施します。

問い合わせ先

(中小企業世界発信プロジェクトに関すること)
産業労働局商工部調整課
電話 03–5320-4744
(製品・技術(ベンチャー技術)部門に関すること)
産業労働局商工部創業支援課
電話 03‐5320‐4763
(サービス部門に関すること)
(公財)東京都中小企業振興公社事業戦略部中小企業世界発信プロジェクト事務局
電話 03-5822-7239

ページの先頭へ戻る