トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 3月 > キャップ&トレード制度 トップレベル事業所を20件認定

ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月03日  環境局

東京都 キャップ&トレード制度
地球温暖化対策の取組が特に優れた「トップレベル事業所」を20件認定

都は、温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度(キャップ&トレード制度)において、地球温暖化対策の取組が特に優れた事業所を、トップレベル事業所、準トップレベル事業所に認定しています。このたび、第二計画期間2年目のトップレベル事業所、準トップレベル事業所に、合計20事業所を認定しました。

平成28年度認定事業所の先進的な取組例

  • 照明
    全館LED、一般的なLEDより2割以上効率の良い150ルーメンパーワット以上の高効率LEDの導入
  • 壁・窓
    エアフローウインドウ、Low-E複層ガラスの設置
  • 再生可能エネルギー
    窓面に大規模な薄型太陽光パネルの設置
  • 見える化
    デジタルサイネージによる環境・エネルギー情報の提供
  • 推進体制
    オーナー・テナント間のCO2削減推進会議の開催(年6回以上)、PDCA管理サイクルの実施

認定事業所の内訳

区分 認定数 第一区分事業所 第二区分事業所
トップレベル事業所 9 8 1
準トップレベル事業所 11 9 2
合計 20 17 3

※第一区分事業所:オフィスビル、商業施設、研究施設、医療施設、地域冷暖房施設等
第二区分事業所:工場、上水道施設等

認定の詳細は、別紙「認定事業所一覧」を参照
なお、認定事業所の概要及び主な地球温暖化対策の取組等は、環境局のホームページに掲載しています。
※参考資料 トップレベル事業所認定の詳細(PDF:296KB)

問い合わせ先

環境局地球環境エネルギー部総量削減課
電話 03-5388-3530

 

ページの先頭へ戻る