トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 3月 > 恩賜上野動物園 ジャイアントパンダの展示を再開

ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月01日  建設局, (公財)東京動物園協会

恩賜上野動物園情報
ジャイアントパンダの展示を再開します

恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、平成29年2月22日(水曜)から繁殖に向けた同居を行うためジャイアントパンダの展示を中止していました(平成29年2月21日発表済)。
2月27日に2頭の間で交尾行動が確認されたあと(平成29年2月27日発表済)、メス(シンシン)の発情の兆候が収まったため、3月2日(木曜)から展示を再開することとしましたのでお知らせいたします。

1.ジャイアントパンダについて

  • リーリー(オス)
    2005年8月16日
    中国・臥龍保護センター生まれ
  • シンシン(メス)
    2005年7月3日
    中国・臥龍保護センター生まれ
写真 写真
【リーリー】 【シンシン】

2.展示中止から再開までの経過について

展示を中止してからも2頭を柵越しにお見合いさせるなど、行動の変化を注意深く観察してきました。
リーリーは、シンシンに対して強い興味を示し、鳴き声を発する、匂いつけをするといった行動の頻度が増え、シンシンにも行動量が増える、リーリーの鳴き声に応える、体の一部を水に浸ける、匂いつけをするなどの変化が観察されました。
2月27日には、シンシンは尾を上げてオスを受け入れる態勢を取るなど、発情のピークを示す行動が見られたため、午前8時ごろ、午後2時30分ごろ、午後5時30分ごろにそれぞれ一回ずつ、合計3回同居させ、うち1回目に1度、2回目に2度交尾行動を確認しました。
2月28日にも、柵越しのお見合いを行いましたが、リーリーのシンシンに対する興味が低下する、シンシンが受入態勢を取らなくなるなどの行動の変化が見られたため、発情が収束に向かっていると判断しました。そのため、通常の飼育管理体制に戻し、引き続き行動を観察することとしました。

写真
【リーリー(左)とシンシン(2月27日14時半頃)】

 

3.今後について

通常の飼育管理下で妊娠の可能性について観察していきます。
なお、パンダ舎屋外観覧通路外側の目隠し(フェンス)は3月13日(月曜)に撤去する予定です。

4.これまでの経過

  • 平成28年12月8日ごろ オス(リーリー)に発情の兆候があらわれる
  • 平成29年1月16日 屋外観覧通路外側への目隠し(フェンス)を事前設置
  • 平成29年2月15日ごろ メス(シンシン)にも発情兆候が見られ始める
  • 平成29年2月22日 展示中止
  • 平成29年2月27日 同居実施、交尾行動を確認
  • 平成29年2月28日 メスの発情が収束に向かう
  • 平成29年3月1日 展示再開を報道発表
  • 平成29年3月2日 展示再開

参考 ジャイアントパンダについて(PDF:197KB)

問い合わせ先

(公財)東京動物園協会
【恩賜上野動物園】
電話 03-3828-5171
建設局公園緑地部管理課
電話 03-5320-5365

 

ページの先頭へ戻る