トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 3月 > 皮膚のバリア機能に必要不可欠な新しい脂質代謝酵素発見

ここから本文です。

報道発表資料  2017年03月01日  (公財)東京都医学総合研究所, 福祉保健局, 日本医療研究開発機構(AMED)

セラミドはなぜ肌の健康に重要か?
皮膚のバリア機能に必要不可欠な新しい脂質代謝酵素の発見

(公財)東京都医学総合研究所の村上誠参事研究員、平林哲也主席研究員らは、脂質を代謝する酵素の生理的役割に関する研究を通じて、表皮角化細胞(皮膚の一番外側の細胞)が作り出す特殊な酵素が皮膚のバリア機能に必須の脂質成分であるアシルセラミドの生合成に関わることを初めて明らかにしました。本研究成果は、魚鱗癬やアトピー性皮膚炎などの難治性皮膚疾患の新たな診断法や治療薬の開発につながることが期待されます。
本研究は、名古屋大学の秋山真志教授、理化学研究所の有田誠リーダー、米国バンダビルド大学のAlan Brash教授らとの共同研究により、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST)「疾患における代謝産物の解析および代謝制御に基づく革新的医療基盤技術の創出」(研究開発総括:清水孝雄)における研究開発課題「PLA2メタボロームによる疾患脂質代謝マップの創成とその医療展開に向けての基盤構築」(研究開発代表者:村上誠)ならびに日本学術振興会科研費(新学術領域研究、基盤研究、挑戦的萌芽研究)の一環として行われました。なお、AMED-CRESTの研究開発領域は、平成27年4月の日本医療研究開発機構の発足に伴い、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)より移管されたものです。本研究成果は、2017年3月1日午前10時00分(英国時間)に英国科学誌『Nature Communications(ネイチャーコミュニケーションズ)』にオンライン掲載されます。

図

※別紙 研究の背景・概要・今後の展望(PDF:326KB)

問い合わせ先

(研究に関すること)
(公財)東京都医学総合研究所脂質代謝プロジェクト
電話 03-5316-3228
(公財)東京都医学総合研究所事務局研究推進課
電話 03-5316-3109
(AMED事業に関すること)
(国研)日本医療研究開発機構戦略推進部研究企画課
電話 03-6870-2224

 

ページの先頭へ戻る