ここから本文です。

報道発表資料  2017年02月24日  福祉保健局

食中毒の発生について
立川市立小学校における給食による食中毒

探知

2月17日(金曜)午後11時55分頃、都内の医療機関から東京都保健医療情報センター「ひまわり」を経由して多摩立川保健所に、「立川市内の複数の小学校の児童が救急外来に来ている。主症状はおう吐である。患者は、現在約10名だが、今後、増えると思われる。」旨、連絡があった。

調査結果

多摩立川保健所は、翌18日(土曜)午前0時55分から食中毒を疑い調査を開始

  • 患者は、立川市立小学校7校の児童及び教職員計521名で、2月17日(金曜)午前1時00分から、おう吐、下痢、発熱等の症状を呈していた。(本日時点)
  • 立川市内の市立小学校20校のうち13校では、同市学校給食共同調理場が学校別にA及びBの2種類のメニューの給食を調理・提供しており、患者が発生した7つの小学校にはBメニューの給食が提供されていた。
  • 患者は、全員、当該施設が調理・提供した給食を喫食していた。
  • 患者の発症状況に、学校ごとの偏りはなかった。
  • 当該7校の児童、教職員が一堂に会するイベント等はなかった。
  • 複数の患者のふん便から、ノロウイルスを検出した。

決定

多摩立川保健所は、本日、下記の理由により、本件を当該施設が調理・提供した給食を原因とする食中毒と断定した。

  • 患者の共通食は、当該施設で調理・提供した給食の他にはない。
  • 複数の患者のふん便からノロウイルスを検出し、患者の症状が同ウイルスによるものと一致していた。
  • 患者が通学又は通勤する小学校において、感染症を疑う情報がない。
  • 本日、患者を診察した医師から食中毒の届出があった。

措置

当該施設は2月18日(土曜)から業務を自粛しており、都は、本日から3日間の食事の供給停止の処分を行った。

発症関係 発症日時 2月17日午前1時00分から
症状 おう吐、下痢、発熱等
発症場所 自宅等
患者数

患者数:521名
(多摩立川保健所の本日時点の調査結果)
なお、詳細は調査中

【立川市の調査結果(2月24日正午現在)】
患者総数:1,098名
(内訳)

  • 児童:1,019名
  • 教職員:79名

入院患者数:9名(2月23日までに全員退院)

入院患者数
診療医療機関数・受診者数
原因食品 当該施設が調理・提供した給食
病因物質 ノロウイルス
原因施設 施設名 ●●●●
業種 集団給食(届出)
給食供給者 ●●●●
施設所在地 東京都立川市●●●●
法人番号 ●●●●
連絡先電話番号 ●●●●

 

[備考]
主なメニュー 【2月17日(金曜)の給食】
ミルクパン、鶏肉のトマト煮、パセリポテト、フルーツポンチ、牛乳
【2月16日(木曜)の給食】
親子丼、うど入りすまし汁、伊予かん、牛乳
【2月15日(水曜)の給食】
ジャージャー麺、ワンタンスープ、デコポン、牛乳
検査関係
2月24日
正午現在
検査実施機関:東京都健康安全研究センター
患者ふん便:86検体 40検体からノロウイルスを検出(35検体は検査中)
患者吐物:1検体 ノロウイルスを検出
調理従事者ふん便:90検体 検査中(ノロウイルスは陰性)
拭き取り検体:34検体 ノロウイルス及び食中毒起因菌陰性
食品:51検体 ノロウイルス及び食中毒起因菌陰性

 

(参考)東京都における食中毒発生状況(ただし本事件は含まない)
  発生件数 患者数 死亡者数
本年1月1日~2月23日まで 10件 126名 0名
(昨年同期) (19件) (280名) (0名)
本年2月中(23日まで) 1件 2名 0名
(昨年同期) (10件) (74名) (0名)

※別添 ノロウィルスについて(PDF:144KB)

問い合わせ先

福祉保健局健康安全部食品監視課
電話 03-5320-4405

 

ページの先頭へ戻る