トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 2月 > 2月22日からジャイアントパンダの展示を中止

ここから本文です。

報道発表資料  2017年02月21日  建設局, (公財)東京動物園協会

恩賜上野動物園情報
2月22日からジャイアントパンダの展示を中止します

恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、このたびジャイアントパンダの「シンシン」(メス)に発情兆候の変化が認められたため、「リーリー」(オス)との同居の準備を行うこととし、平成29年2月22日(水曜)から展示を中止することとしましたのでお知らせします。
ジャイアントパンダに会うために来園を予定されていた皆様にはご迷惑をおかけしますが、あたたかく見守っていただき、またご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

1. 展示を中止する動物

ジャイアントパンダ

  • リーリー(オス) 2005年8月16日
    中国・臥龍保護センター生まれ
  • シンシン(メス) 2005年7月3日
    中国・臥龍保護センター生まれ
  • 写真 写真
    【リーリー】 【シンシン】

2. 期間

平成29年2月22日(水曜)からしばらくの間
※展示再開につきましては、後日お知らせいたします。

3. 理由

交配を目的とした同居を行うため
ジャイアントパンダの繁殖期は一般的に年1回、2月から5月頃にやってきます。この期間中にメスの妊娠の可能性が高まるのは数日間だけです。当園では自然繁殖を目指しており、メスの交配適期を見極め、交配のための同居を行います。
なお、パンダの状態により同居または交配まで至らなかった場合、中国野生動物保護協会の専門家と協議のうえ、人工授精を実施する場合があります。

4. 展示中止に至る経緯

オスは12月8日ごろから体の一部を冷やすなど、発情に係る行動が見られ始めました。
メスは2月15日ごろからオスのにおいを気にする様子が見られ始め、その後、鳴き声を発する、体の一部を冷やすなど発情に係る行動の発現や尿中ホルモン値の変化などから、発情のピークが近づいていると判断しました。この後の観察でタイミングが合えばオスとの同居を試みます。

参考資料(PDF:195KB)

問い合わせ先

(公財)東京動物園協会
(恩賜上野動物園)
電話 03-3828-5171
建設局公園緑地部管理課
電話 03-5320-5365

 

ページの先頭へ戻る