トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 2月 > 多摩動物公園 チーターが3頭誕生しました

ここから本文です。

報道発表資料  2017年02月20日  建設局, (公財)東京動物園協会

多摩動物公園情報 チーターが生まれました!

多摩動物公園(園長 福田豊)では、このたびチーターが3頭誕生しましたのでお知らせします。

1.誕生したチーター

  • 誕生日
    平成29年2月5日(日曜)
  • 頭数
    3頭
  • 性別
    オス2頭、メス1頭
  • 両親
    母親:シュパーブ(群馬サファリパーク生まれ)
    父親:ムツ(九州自然動物公園生まれ)
写真
【誕生したチーター】

2.経緯

当園では飼育園館同士で相互協力しながら、希少動物であるチーターの繁殖を進めています。
チーターの新たなペア形成や繁殖を目指すため、富士サファリパークからオスの「ムツ」、群馬サファリパークからメスの「シュパーブ」が、それぞれブリーディングローン(※)により来園していましたが、今回はその成果による繁殖となりました。
赤ちゃん3頭は2月15日の初めての体重測定ではオスが1,060グラムと1,100グラム、メスが1,200グラムになり、順調に成長しています。

※ブリーディングローンについて
繁殖を目的とした動物の貸借契約のこと。動物園間で個体を移動させることによって新たなペア形成を促し、繁殖に寄与することを目的としています。

3.公開予定などについて

現在親子の体調管理に配慮しながら様子を見守っているところです。公開日や名前につきましては、決まり次第、多摩動物公園ホームページ(東京ズーネット(外部サイトへリンク))にてお知らせします。

4.当園での飼育状況(2017年2月20日現在)

12頭(オス7、メス5) ※今回誕生した3頭を含みます。

5.国内の飼育状況(2015年12月31日現在)

12園館 102頭(オス50、メス52)
資料:チーター国内血統登録台帳【(公社)日本動物園水族館協会】

問い合わせ先

(公財)東京動物園協会
【多摩動物公園】
電話 042-591-1611
建設局公園緑地部管理課
電話 03-5320-5365

 

〔参考〕

チーター(食肉目 ネコ科)
(ワシントン条約附属書1、IUCNレッドリスト:VU(絶滅危惧2類)、東京都ズーストック種)

  • 学名
    Acinonyx jubatus jubatus
  • 英名
    African Cheetah
  • 分布
    アフリカのニジェール共和国、ナミビア共和国、ボツワナ共和国などのサバンナ
  • 生態等
    陸上を走る動物の中ではもっとも速く、時速100キロメートル以上のスピードで走ることができます。ただし、このスピードは長続きせず、継続して400メートルほどしか走ることができません。獲物を捕らえるときは時間をかけてそっと近づき、30メートルほどの距離から一気に追いかけてしとめます。

※「附属書1」「絶滅危惧2類」の数字の正しい表記はローマ数字です。

ページの先頭へ戻る