トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 2月 > 世界自閉症啓発デー 東京ゲートブリッジ等ライトアップ

ここから本文です。

報道発表資料  2017年02月16日  福祉保健局

世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間
東京ゲートブリッジと都庁舎をブルーにライトアップします!

毎年4月2日は、国連が定める「世界自閉症啓発デー」です。
また、4月2日から8日は、厚生労働省が定める「発達障害啓発週間」として、日本各地で自閉症等の発達障害を啓発する活動が行われております。
東京都では、自閉症等の発達障害のある方や御家族の相談支援等を行うとともに、社会全体で理解が進むよう普及啓発の一環として東京ゲートブリッジ及び都庁第一本庁舎をブルーにライトアップします。

1 ライトアップの取組

(1) 東京ゲートブリッジのライトアップ

  • 日時
    平成29年4月2日(日曜日)
    日没から24時00分まで
  • 場所
    東京ゲートブリッジ(東京都江東区若洲)
  • 写真
    東京ゲートブリッジのライトアップの様子

(2) 都庁第一本庁舎のライトアップ

  • 日時
    平成29年4月2日(日曜日)から8日(土曜日)
    18時00分から23時00分まで
  • 場所
    都庁第一本庁舎(東京都新宿区西新宿二丁目8番1号)
    ※ライトアップは、地球環境に配慮してバイオマス電力を使用します。
  • 写真
    都庁舎のライトアップの様子

2 その他

ライトアップに使う青色は、癒やしや希望などを表しています。
名所旧跡でのライトアップの取組は、世界各国で行われており、日本でも、各地で実施される予定です。
詳細は、世界自閉症啓発デー日本実行委員会公式サイト(外部サイトへリンク)をご覧ください。

問い合わせ先

福祉保健局障害者施策推進部精神保健医療課
電話 03-5320-4464

 

ページの先頭へ戻る