トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 2月 > 都で回収された死亡野鳥の鳥インフルエンザ確定検査結果 > 別紙 高病原性鳥インフルエンザウイルス確定検査 陽性結果に関する知事コメント

ここから本文です。

報道発表資料  2017年02月15日  環境局

〔別紙〕

高病原性鳥インフルエンザウイルス確定検査
陽性結果に関する知事コメント

2月3日(金曜)に、足立区内で発見された死亡野鳥について、国による確定検査の結果、野鳥としては都内で初めて、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が確認されました。
報告を受けて、速やかな都民への情報提供や野鳥の監視強化を関係部局に指示いたしました。環境省が指定した野鳥監視重点区域において、野鳥の監視強化を継続し、国や関係自治体と連携して緊張感を持って対応していきます。

都民の皆様におかれては、念のため、むやみに野鳥に触れないようにするとともに、仮に、鳥の糞等に触れた場合には、手洗い、うがいをしていただくよう、お願いします。
また、鳥インフルエンザが、日常生活において、野鳥から人に感染した例はありませんので、冷静に行動していただくようお願いします。

ページの先頭へ戻る