ここから本文です。

報道発表資料  2017年02月06日  福祉保健局

〔別紙〕

麻薬検出物品・指定薬物検出物品の詳細

麻薬検出物品の詳細

1 物品名
※はサイト上の表記
sample16
※アゲハ淫
性状(内容量) 植物片(1包2.9グラム入り)
製造(輸入)者 不明(現品に表示がなされていない)
入手方法等 インターネット店舗(特定商取引法上の住所:不明、発送元住所:都内)
入手時期 平成28年度下半期
検出成分 1包中「XLR-11」を170ミリグラム検出

指定薬物検出物品の詳細

1 物品名
※はサイト上の表記
表示なし(白色粉末)
※NEWドリーム
性状(内容量) 粉末(1本530ミリグラム入り)
製造(輸入)者 不明(現品に表示がなされていない)
入手方法等 インターネット店舗(特定商取引法上の住所:不明、受付郵便局:都内)
入手時期 平成28年度下半期
検出成分 1本中「5-MAPDB」を230ミリグラム検出
1本中「4-Fluoro-α-PVP」を230ミリグラム検出
2 物品名
※はサイト上の表記
表示なし(青色のシールが貼付された金色の袋に入ったもの)
※落煙
性状(内容量) 植物片(1包3.1グラム入り)
製造(輸入)者 不明(現品に表示がなされていない)
入手方法等 インターネット店舗(特定商取引法上の住所:不明、受付郵便局:都内)
入手時期 平成28年度下半期
検出成分 1包中「5-Fluoro-AB-PINACA」を460ミリグラム検出
3 物品名
※はサイト上の表記
DIAMOND Speed2
※ダイヤモンドスピード2
※「Speed2」の数字の正しい表記はローマ数字です。
性状(内容量) 粉末(1本390ミリグラム入り)
製造(輸入)者 不明(現品に表示がなされていない)
入手方法等 インターネット店舗(特定商取引法上の住所:海外、発送元住所:都外)
入手時期 平成28年度下半期
検出成分 1本中「4-FPM」を160ミリグラム検出
4 物品名 「AR」の表示のある黒色の袋に入ったもの
性状(内容量) 液体(1本4.5ミリリットル入り)
製造(輸入)者 不明(現品に表示がなされていない)
入手方法等 インターネット店舗(特定商取引法上の住所:不明、受付郵便局:都外)
入手時期 平成28年度下半期
検出成分 1本中「4-クロロエトカチノン」を250ミリグラム検出
5 物品名 「QV」の表示のある黒色の袋に入ったもの
性状(内容量) 粉末(1本1.0グラム入り)
製造(輸入)者 不明(現品に表示がなされていない)
入手方法等 インターネット店舗(特定商取引法上の住所:不明、受付郵便局:都外)
入手時期 平成28年度下半期
検出成分 1本中「4-クロロエトカチノン」を220ミリグラム検出
6 物品名 「DS」の表示のある黒色の袋に入ったもの
性状(内容量) 植物片(1包3.2グラム入り)
製造(輸入)者 不明(現品に表示がなされていない)
入手方法等 インターネット店舗(特定商取引法上の住所:不明、受付郵便局:都外)
入手時期 平成28年度下半期
検出成分 1包中「ADB-FUBINACA」を110ミリグラム検出

試験検査機関

東京都健康安全研究センター

都の対応

  1. 都が把握しているインターネット店舗に対して、当該物品の販売中止を指示しました。
  2. 福祉保健局ホームページに名称等を掲載し、都民に摂取による危険性等を周知します。

現品写真

麻薬検出物品

1 sample16
サイト上の表記:アゲハ淫
写真

指定薬物検出物品

1 表示なし(白色粉末)
サイト上の表記:NEWドリーム
2 表示なし(青色のシールが貼付された金色の袋に入ったもの)
サイト上の表記:落煙
写真 写真
3 DIAMOND Speed2
サイト上の表記:ダイヤモンドスピード2
※「Speed2」の数字の正しい表記はローマ数字です。
4 「AR」の表示のある黒色の袋に入ったもの
写真 写真
5 「QV」の表示のある黒色の袋に入ったもの 6 「DS」の表示のある黒色の袋に入ったもの
写真 写真

参考

XLR-11(平成26年1月19日麻薬規制開始)

  • 化学名
    [1-(5-フルオロペンチル)-1H-インドール-3-イル](2,2,3,3-テトラメチルシクロプロパン-1-イル)メタノン
    合成カンナビノイドの一種で、大麻に含まれるテトラヒドロカンナビノールと類似の作用を有する可能性が考えられる。
  • 化学構造式
    図

5-MAPDB(平成27年11月26日知事指定薬物規制開始)
(平成27年12月5日指定薬物規制開始)

  • 化学名
    1-(2,3-ジヒドロベンゾフラン-5-イル)-N-メチルプロパン-2-アミン及びその塩類
    フェネチルアミン系化合物の一種で、覚醒剤と類似の作用を有する可能性がある。
  • 化学構造式
    図

4-Fluoro-α-PVP(平成26年1月12日指定薬物規制開始)

  • 化学名
    1-(4-フルオロフェニル)-2-(ピロリジン-1-イル)ペンタン-1-オン及びその塩類
    カチノン系化合物の一種で、国内で麻薬として規制されているα-PVPと類似の化学構造を持つ物質であり、これと類似の作用を有する可能性がある。
  • 化学構造式
    図

5-Fluoro-AB-PINACA(平成26年7月11日指定薬物規制開始)

  • 化学名
    N-(1-アミノ-3-メチル-1-オキソブタン-2-イル)-1-(5-フルオロペンチル)-1H-インダゾール-3-カルボキサミド及びその塩類
    合成カンナビノイドの一種で、大麻に含まれるテトラヒドロカンナビノールと類似の作用を有する可能性が考えられる。
  • 化学構造式
    図

4-FPM(平成28年3月10日知事指定薬物規制開始)
(平成28年3月19日指定薬物規制開始)

  • 化学名
    2-(4-フルオロフェニル)-3-メチルモルフォリン及びその塩類
    向精神薬であるフェンメトラジンと類似した化合物で、フェンメトラジンと類似の作用を示す可能性がある。
  • 化学構造式
    図

4-クロロエトカチノン(平成26年1月12日指定薬物規制開始)

  • 化学名
    1-(4-クロロフェニル)-2-(エチルアミノ)プロパン-1-オン及びその塩類
    カチノン系化合物の一種で、覚醒剤と類似の作用を有する可能性がある。
  • 化学構造式
    図

ADB-FUBINACA(平成25年5月30日指定薬物規制開始)

  • 化学名
    N-(1-アミノ-3,3-ジメチル-1-オキソブタン-2-イル)-1-(4-フルオロベンジル)-1H-インダゾール-3-カルボキサミド及びその塩類
    合成カンナビノイドの一種で、大麻に含まれるテトラヒドロカンナビノールと類似の作用を有する可能性が考えられる。
  • 化学構造式
    図

ページの先頭へ戻る