トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 1月 > 竪川の不法占用物件に対し行政代執行等を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2017年01月26日  建設局

竪川の不法占用物件に対し行政代執行等を行います

東京都は、一級河川竪川の河川区域内の適正化を図るため、不法占用物件(桟橋及び通路等の工作物)の所有者が、代執行予定日までに自主撤去を行わない場合、行政代執行法(以下、「法」という。)による撤去を実施します。
また、同河川区域内の不法係留船舶についても、移動措置予定日までに自主移動がなされない場合、東京都船舶の係留保管の適正化に関する条例(以下、「条例」という。)に基づく移動措置を実施します。

1 対象物件

竪川の河川区域における不法占用物件(桟橋及び通路等の工作物)及び不法係留船舶

2 代執行及び移動措置の内容

平成28年11月30日付けで不法係留船舶の自主移動を求める警告を行い、同年12月22日付けで不法占用物件の自主撤去を求める戒告を行いました。
しかし、期日である平成29年1月12日(船舶の移動期日は平成28年12月21日)を経過しても撤去及び移動義務が履行されていないため、不法占用物件については、1月25日付けで代執行令書を所有者に送達し、法に基づく撤去(※1)を実施するとともに、不法係留船舶についても、条例に基づく船舶移動措置(※2)を実施し、いずれも、これに要した費用を徴収します。

※1 行政代執行法第2条
※2 東京都船舶の係留保管の適正化に関する条例第11条第1項

3 代執行及び移動措置予定日

平成29年2月7日(火曜)から平成29年2月16日(木曜)まで
(荒天等の場合、日程変更の可能性があります。)

図

問い合わせ先

建設局河川部指導調整課
電話 03-5320-5239

 

ページの先頭へ戻る