トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 1月 > 「高齢者が活躍する就業モデル」を選定

ここから本文です。

報道発表資料  2017年01月26日  産業労働局, (公財)東京しごと財団

「高齢者が活躍する就業モデル」を選定しました!

東京都では、働く意欲のある高齢者がいきいきと活躍できる就業の場を拡大することを目的として、(公財)東京しごと財団と連携し、「高齢者職域開拓モデル事業」を実施しています。
このたび、今年度の支援対象を選定しました。今後、高齢者が活躍する就業モデルの立ち上げを支援するとともに、取組内容を紹介していきます。

選定した就業モデル及び法人名

マンション管理組合向け「顧問契約サービス」の展開
株式会社さくら事務所

マンション管理士の資格を持つ高齢者を雇用し、マンション管理組合に対して長期的なアドバイスを行う顧問として活躍できる場を用意します。資格を活用できていない高齢者に対し、業界知識に精通した職員が実践的な知識・ノウハウ等を提供し、見識高い顧問として養成します。

支援内容

  • 不動産コンサルティング知識が豊富な企業による高齢者のセカンドキャリア支援
  • 高齢者の希望に応じた勤務日数設定
  • 既存顧客への営業による安定的な業務の確保

「高齢者職域開拓モデル事業」の概要

この事業は、高齢者が中心となって働くことができる場を企業等が積極的に作り出す取組を支援し、好事例を普及啓発する事業です。
※本事業の募集は終了しております。

主な内容

  • 対象企業等
    都内の事業所において、以下の条件で就業モデルを実施する法人等
  • 就業モデル
    60歳以上の高齢者を新たに3人以上雇用する創業及び新規拡充事業で、事業全体で高齢者の占める割合が5割以上のもの
  • 助成内容
    300万円を上限に必要な経費を助成

問い合わせ先

(高齢者職域開拓モデル事業全般に関すること)
産業労働局雇用就業部就業推進課
電話 03-5320-4676
(選定した就業モデルの詳細に関すること)
(公財)東京しごと財団 しごとセンター課
電話 03-5211-2376

 

ページの先頭へ戻る