トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 1月 > ガイドブック「東京 島じまん食材使用店」2017を発行

ここから本文です。

報道発表資料  2017年01月24日  産業労働局

「東京 島じまん食材使用店」2017を発行します!

東京都では、島しょ産の農林水産物を積極的に活用している島の飲食店を「東京 島じまん食材使用店」として登録し、ガイドブックの発行等によるPRを通じて、地産地消の拡大を進めています。
これらの登録店を掲載したガイドブック「東京 島じまん食材使用店」2017には、新たに39店舗が加わり、東京のすべての島にある食材使用店が掲載されることになりました。
また、ガイドブックには島の観光情報も掲載していますので、旅のお供としてもご活用ください。

写真
ガイドブック
(A5判160ページ)

1 ガイドブックの概要

  • 島の食材を使用した特徴的な料理や独自に創作したお店自慢の料理を紹介
  • 大島19店、利島2店、新島・式根島14店、神津島4店、三宅島15店、御蔵島3店、八丈島22店、青ヶ島1店、小笠原17店(父島14・母島3)、計97店を掲載
    ※利島、青ヶ島は今回初めて掲載されます。
  • 伊豆諸島、小笠原諸島のおすすめ観光スポットや土産も紹介
<掲載されている料理例>
写真 写真 写真
(地魚の刺身皿盛り合わせ) (金目鯛のねぎ間) (メカジキバーガー)

2 配布場所

東京都観光情報センター(都庁、バスタ新宿、羽田空港、京成上野駅)、竹芝客船ターミナル、調布飛行場、各島の観光案内所等で無償配布

3 発行部数

30,000部

4 その他

問い合わせ先

産業労働局農林水産部食料安全課
電話 03-5320-4883

 

〔別紙〕

掲載内容の紹介(参考)

図
図

「東京 島じまん食材使用店」として登録されているお店では・・・

  • 年間を通じて、もしくは来島者の多い時期に島しょ産農林水産物を使用し、特徴的な料理や独自に創作した料理を提供しています。
  • 島しょ産農林水産物の情報を店内やメニューに表示するなどして、地産地消に取り組んでいます。

ページの先頭へ戻る