ここから本文です。

報道発表資料  2017年01月18日  環境局

個人情報の流出について

「東京都大規模事業所に対する温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」において、個人情報が含まれた一覧表が環境局ホームページ上で公表される事故が発生しましたのでお知らせします。
関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。
今後、このようなことがないよう、情報管理を徹底してまいります。

1 事故の概要

都民の健康と安全を確保する環境に関する条例に基づき、排出量取引に利用する指定管理口座(※)の名義人情報を環境局ホームページで公表している。個人情報については希望する場合に公表するものとしているが、公表を希望しない個人の名義人情報がホームページで閲覧可能な状況になっており、個人情報が流出した。

  1. 発生時期
    1月17日(火曜日)
  2. 発生場所
    環境局地球環境エネルギー部総量削減課
  3. 誤公表した内容
    指定地球温暖化対策事業所の指定管理口座名義人
    (8指定口座396名分)
  4. 個人情報
    指定管理口座名義人のうち、公表を希望しない個人の氏名及び住所

(※)指定管理口座とは、事業所のCO2の排出状況等を記録する管理簿

2 経緯

1月17日(火曜日)15時30分頃、都が委託する総量削減義務と排出量取引制度相談窓口担当者より、都の担当者あて、非公表情報がホームページで閲覧可能となっている旨報告があった。
総量削減義務と排出量取引システムにおいて、個人名義人情報の公表の可否についての入力が正常に行われていたにも関わらず、自動的に作成される公表一覧表(PDF)に公表不可情報が含まれ公表されていた。原因と情報流出の発生時期について調査中

3 事故発生後の対応

  1. 1月17日(火曜日)16時30分頃、ホームページでの口座名義人情報の閲覧を停止した。
  2. 1月18日(水曜日)14時00分頃、各指定管理口座の代表連絡先に電話で謝罪するとともに、口座名義人対象者全員への謝罪を今後実施する。
  3. システムによる公開機能の不具合について、原因究明と対処を行う。
  4. 職員に対し、情報管理の徹底、事故発生時の対応についての周知を行い、再発防止を図る。

問い合わせ先

環境局地球環境エネルギー部総量削減課
電話 03-5388-3487

 

ページの先頭へ戻る