ここから本文です。

報道発表資料  2017年01月17日  公立大学法人首都大学東京, 総務局

〔別紙〕

プログラム等

プログラム

  • 18時10分 開場
  • 18時30分 開会
    司会:首都大学東京ビジネススクール 教授 松田千恵子
  • 18時30分 ~ 18時40分 主催者挨拶
    首都大学東京ビジネススクール プログラムディレクター 教授 長瀬勝彦
  • 18時40分 ~ 19時20分 基調講演
    「オリンピック・パラリンピックとスポーツの力を活用した街づくりについて」
    三井不動産株式会社 広報部 ブランドマネジメント・グループ 永田卓朗様

(10分休憩)

  • 19時30分 ~ 20時10分 特別対談
    「スポーツイベントは人を育て、人が地域を育てる」
    21世紀ボランティア研究センター代表
    一般財団法人 日本スポーツコミッション評議員
    一般財団法人 日本スポーツツーリズム推進機構 理事
    ながの街中賑わい研究所 代表 丸田藤子様
    首都大学東京ビジネススクール 教授 高尾義明
  • 20時10分 ~ 20時50分 講演 首都大学東京ビジネススクール 成果報告
    首都大学東京ビジネススクール 准教授 松尾隆

首都大学東京ビジネススクール

首都大学東京ビジネススクール(大学院社会科学研究科経営学専攻の高度専門職業人養成プログラム)は、平成15年の設置(当時は東京都立大学)以来、充実した教授陣とプログラムで徹底した少人数教育をおこない、多くのビジネスリーダーや起業家を養成してきました。
社会人が通学しやすい平日の夜間と土曜日に授業をおこなっています。平成28年4月からは丸の内サテライトキャンパス(丸の内永楽ビルディング)に移転し、同時に平日昼間開講の高度金融専門人材
養成プログラムも開設されました。
入学試験等詳しい情報は本学ウェブサイト(外部サイトへリンク)をご覧ください。

公共経営アクションリサーチ

首都大学東京大学院経営学専攻の「公共経営の人材育成プログラム」は、平成19年度の文部科学省「大学院教育改革支援プログラム」に採択され、3年間の財政支援を受けました。その後も「東京都と連携した高度専門人材の育成」のための本学改革推進費によって公共経営アクションリサーチが継続されています。企業経営の知見を公共セクターのマネジメントに応用するプログラムであり、毎年ひとつのテーマについて、ビジネススクールの履修者がグループごとに文献研究や実地調査をおこないます。これまでに取り上げたテーマは「防災と復興のマネジメント」、「コンテンツ利用の地域振興」、「島しょ地域の抱えた問題と地域経済の活性化」など多岐に渡ります。

ページの先頭へ戻る