トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 1月 > 恩賜上野動物園 パンダの繁殖に向けた準備を開始します

ここから本文です。

報道発表資料  2017年01月16日  建設局, (公財)東京動物園協会

恩賜上野動物園情報
パンダの繁殖に向けた準備を開始します

恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、ジャイアントパンダ2頭を飼育していますが、今後、発情の兆候が見られた場合、速やかに交配などに向けた環境を整えられるよう、事前の準備を開始しますのでお知らせいたします。

1.対象動物

ジャイアントパンダ

リーリー(オス) 2005年8月16日 中国・臥龍保護センター生まれ
シンシン(メス) 2005年7月3日 中国・臥龍保護センター生まれ

写真 写真 
【リーリー】 【シンシン】

2.準備の内容(フェンスの設置)

現在、パンダ舎屋外放飼場の観覧通路と園路の間に仕切りはありませんが、今後、交配を目的とした同居を行う場合、パンダが繁殖に集中できる落ち着いた環境を速やかに整える必要があります。このため、事前に観覧通路外側へ目隠し(フェンス)を設置いたします。
別紙:図(PDF:222KB)参照。同居のための展示中止時までパンダ舎内観覧通路からはご覧いただけます)

期間

平成29年1月16日(月曜)~5月頃までの繁殖期

3.ジャイアントパンダの繁殖について

ジャイアントパンダの繁殖期は一般的には年1回、2月から5月頃にやってきます。この期間中にメスの妊娠の可能性が高まるのは数日間だけです。当園では、これまでも自然交配による繁殖を目指しており、メスの交配適期を見極め、交配のための同居を行う予定です(同居は交配適期にあたる数日を予定しています)。
なお、メスに発情が見られても交尾に至らない場合は、中国野生動物保護協会の専門家と協議のうえ、人工授精を実施することも検討しています。

(1) 現在の状況

現在展示している屋外放飼場には2頭が柵越しにお互いを確認できる箇所があり、自由に過ごさせています。12月8日ごろからオスは、明け方に室内を歩き回る、マーキングの回数が増える、体の一部を冷やす回数が増えるなどの発情に係る行動が見られるようになりました。今のところ、メスに発情兆候は見られていません。

(2) 今後の予定(展示中止など)

同居させる状況になったと判断した場合には、開園日であっても、ジャイアントパンダの展示を終日中止し、パンダ舎内の観覧通路からもご覧いただけなくなります。その際には、あらためて発表いたします。また、東京ズーネット(外部サイトへリンク)や全ての出入口の掲示でもご案内します。

4.昨年の経過

1月上旬 オス・リーリーに発情の兆候があらわれる

1月27日ごろ メス・シンシンにも発情兆候が見られ始める

2月1日 繁殖準備開始について報道発表(休園日)、観覧通路外側への目隠し(フェンス)の事前設置

2月3日 展示中止について報道発表

2月4日 展示中止

2月5日 中国専門家(1名)が来園

2月11日ごろ メスのオスに対する興味低下が見られる

2月12日 展示再開について報道発表

2月13日 展示再開(オス・リーリーのみ)

2月15日 メス・シンシンの健康診断実施

2月16日 メス・シンシンの展示再開について情報提供

2月17日 メス・シンシンの展示再開

2月18日 中国専門家(1名)が帰国

2月29日 観覧通路外側の目隠し(フェンス)撤去

【参考】

ジャイアントパンダ(食肉目 クマ科)

(ワシントン条約附属書1、IUCNレッドリスト:VU(絶滅危惧2類)、東京都ズーストック種)

学名 Ailuropoda melanoleuca

英名 Giant panda

分布 中国南西部(四川省、陝西省、甘粛省)の標高2600~3500メートルの寒冷湿潤な竹林

生態等 基本的には単独行動で行動圏5~15平方キロメートル、昼夜の別なく行動するが明け方と夕方が活発です。
※1、2の正しい表記はローマ数字です。

ジャイアントパンダの繁殖などに関する一般的傾向について

  1. 性成熟:性成熟はオスで6.5~7.5歳、メスで3.5~4.5歳。
  2. 繁殖期:繁殖期は一般的に2~5月。秋に発情するケースもある。繁殖期には、行動量の増加、においつけ、水浴びによる体冷やしの増加、食欲減退、恋鳴きなどが見られる。発情期間は2週間ほどであるが、そのうち受精できるのは数日間だけある。
  3. 妊娠期間:交配後、83~200日の妊娠期間を経て出産する。妊娠期間は個体差がある。これは、着床遅延(※)があるためで、受精してから着床するまでの時間が1日のものもあれば数週間かかるものもある。着床までの時間によって妊娠期間が変わる。
  4. 妊娠時に認められる変化
    1. 食欲の変化:出産の30日前頃から食欲が減退し、餌を残すようになる。出産間際には食欲が廃絶する。
    2. 行動の変化:出産の15日前頃より巣作り行動が認められる。出産間際には行動が不活発になる。
    3. 体の変化:出産の30日前頃に乳頭が確認されるようになる。出産間際には陰部の腫脹、乳房の腫脹が認められる。
    4. ホルモンの変化:出産前の3.7週~8週に尿中のプレグナンジオール(妊娠の維持に必要な黄体ホルモンが代謝された物質)値の上昇が認められる。出産間際にはこの数値が下がる。
      (血液で検査した場合には、プロゲステロン(妊娠に必要な黄体ホルモン)値が上昇する)
  5. 妊娠の確認:妊娠時に認められる変化により推測するが、偽妊娠(※※)という生理現象がみられるため、確定診断は難しい。

用語の説明

※着床遅延(ちゃくしょうちえん)
受精卵がすぐに子宮内膜に着床せず、胚盤胞の状態でしばらくの間子宮内に浮遊し、それから着床・発育を始める現象。温・寒帯に分布するクマ類やイタチ類、鰭脚類、カンガルーなどに認められている。着床までの時間によって妊娠期間が変わる。

※偽妊娠(ぎにんしん)
偽妊娠は病気ではなく生理現象の一種である。排卵すると、受精しなくても妊娠と同じ経過をたどることが知られている。発情の後、妊娠しなくても、尿中ホルモン値の上昇、動作の不活発、長い休息時間、食欲不振、乳頭の明瞭化、乳房の腫脹、巣作り行動など妊娠した場合と同様の現象が現れる。これを偽妊娠と呼ぶ。出産することがないまま日数が経過し、上記の変化が認められなくなって終息する。

参考文献

「大熊猫 域外保全 理論と実践」(中国で発行された書籍)
「ジャイアントパンダの飼育 上野動物園における20年の記録」

ご案内

【恩賜上野動物園】
<開園時間> 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
<休園日> 毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
<入園料> 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※開園日については東京ズーネット(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。 

問い合わせ先

(公財)東京動物園協会
【恩賜上野動物園】
電話 03-3828-5171
建設局公園緑地部管理課
電話 03-5320-5365

 

ページの先頭へ戻る