ここから本文です。

報道発表資料  2017年01月12日  環境局

“Re-think Waste”を開催します

都は、「持続可能な資源利用」に向けたモデル事業に採択した「イベントの3R対策と循環型街づくりの意識啓発事業」(以下「イベント3Rモデル事業」という。)をレコテック株式会社と共同して実施しています。
このたび、国内最大規模のマルシェである「Farmers’ Market@UNU」において、今世界で大きな問題となっている「生ごみ」について様々な視点から考える啓発イベントを、下記のとおり開催しますのでお知らせします。

1 日時

平成29年1月22日(日曜)10時00分から16時00分まで

2 場所

国連大学前 東京都渋谷区神宮前5-53-70

3 企画概要

(1) イベントにおけるごみの分別・計量・可視化とリサイクルの実施
(2) 生ごみを活用したメタン発酵装置によるガス化のデモンストレーション
(3) ミミズコンポストの使い方を指南するワークショップ
(4) 売れ残り野菜を利用した料理と有識者交流セッション など

詳しくは、別添資料(PDF:373KB)をご覧ください。

4 参加申込

上記3(3)と(4)については事前の申し込みが必要です。御参加を希望される方は、こちらのウェブサイト(外部サイトへリンク)よりお申込ください。定員になり次第閉め切らせて頂きます。

東京都「持続可能な資源利用」に向けたモデル事業(平成28年度)

  • 東京都では、今後の施策の3つの柱(資源ロスの削減・エコマテリアルの利用の促進・廃棄物の循環利用の更なる促進)を具体化するための事業を先進的企業等から公募し、都と共同で実施する、「『持続可能な資源利用』に向けたモデル事業」を実施しています。
  • 都は、採択事業に対して、1事業につき1,500万円の範囲内で負担金を交付します。

※平成28年度の採択事業については、こちらより御参照ください。

問い合わせ先

環境局資源循環推進部計画課
電話 03-5388-3577

 

ページの先頭へ戻る