ここから本文です。

報道発表資料  2016年12月26日  生活文化局

衛生・健康

第一種動物取扱業者登録簿の公開要望

他の自治体同様に登録簿をインターネット上で公開するよう要望します。
理由:動物の愛護及び管理に関する法律第15条「都道府県知事は、第一種動物取扱業者登録簿を一般の閲覧に供しなければならない。」とされている。東京都においては、動物愛護相談センターに足を運ばなければ閲覧することができない。すなわち、現地を訪問できない国民(遠隔地、高齢、障害等)は、情報アクセスが困難であり、不平等である。
また、東京都の登録簿はエクセルファイルであり、公開に要する工数は少なく、新たな予算等を要するものではない。

取組

このたびは、御意見を頂きまして、ありがとうございます。
都では、動物愛護相談センターの本所及び多摩支所において、第一種動物取扱業者登録簿を一般の閲覧に供しております。インターネット上での公開については、現在、検討をしております。
今後も、適切な情報公開に努めて参ります。
(福祉保健局)

ページの先頭へ戻る