ここから本文です。

報道発表資料  2016年12月26日  生活文化局

男女平等・人権

拉致被害者全員奪還

拉致問題解決の最大の障害は国民の無関心であり、最大の武器は国民世論の圧力だと思います。
拉致問題を前進させるには、国民的な盛り上がり(熱狂とも言うべき)が不可欠です。
拉致事件に関する積極的な広報活動を行ってください。

取組

このたびは、貴重な御意見をお寄せいただき、ありがとうございます。
東京都では、都民一人一人が、拉致問題を自分自身の問題として考え、行動することが、政府を後押しし、それが問題解決に向けた大きな力になることから、拉致問題等についての正しい知識の普及を図り、都民の関心と認識を深めるための取組として、都民集会や写真パネル展の開催、啓発ポスターを使った車内広告等、様々な啓発活動に取り組んでおります。
今後も、関係団体等と連携し、拉致被害者奪還に向けた国民運動の一翼を担いつつ、早期解決に向けた国の動きを後押しして参ります。
(総務局)

ページの先頭へ戻る