ここから本文です。

報道発表資料  2016年12月22日  生活文化局

資源やエネルギーに対する「もったいない」の意識

Q7 持続可能な社会の実現に向けて、3R(Reduceリデュース、Reuseリユース、Recycleリサイクル)を進めなければなりません。
そこで、あなたが日常生活で「もったいない」と身近に感じるものは何ですか。次の中から3つまで選んでください。

(3MA)(n=466)
ひょう

調査結果の概要

資源やエネルギーに対する「もったいない」の意識について、身近に感じることを聞いたところ、約8割が「食品ロス」(82.6%)を上げ、以下離れて、「過剰包装」(53.2%)、「リサイクルの不徹底」(32.8%)、「使い捨て用品」(30.0%)、「電気の無駄使い」(29.8%)と続いている。

ページの先頭へ戻る