ここから本文です。

報道発表資料  2016年12月21日  産業労働局

〔別紙2〕

業務改善命令

処分日:平成28年12月21日
業者名(代表者名)・
登録番号・登録日
登録上の営業所所在地 処分理由(違反事項)
株式会社明昭
(石田文男)
東京都知事(9)12403号
平成28年4月30日
台東区竜泉二丁目20番8号
新興スタービル竜泉501
・返済能力調査記録の備付義務違反(※)
・帳簿の規定事項未記載違反
・契約締結前の法定事項未記載書面の交付

1 業務改善の内容

資金需要者等の利益を図るため、処分理由(違反事項)と同種事案の再発防止に関し、次に掲げる事項について必要な措置を講じ態勢を整えること。

  1. 貸付の契約を締結するに当たっては、顧客の収益その他資力、信用、借入の状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を確実に調査し、記録を作成すること。
  2. 貸付の契約に基づく債権に関する債務者等その他の者との交渉の経過記録を確実に記載し、保存すること。
  3. 貸付の契約を締結するまでに、法令で定める事項を記載した当該契約の内容を説明する書面を交付すること。

 

【参考】
(※)返済能力調査記録の備付義務違反
貸金業法では、顧客への過剰貸付を防止するため、貸金業者は顧客と貸付契約を締結しようとするときは、返済能力を調査することを義務づけられています。また、返済能力を調査した記録を事務所に備え付けることも義務付けられています。
しかし、当該貸金業者は、この義務を怠り、顧客の収益その他の資力、信用、借入の状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査した記録を作成しませんでした。


貸金業対策課に寄せられる苦情・相談が、業者の行政処分のきっかけになっています。
おかしいな、変だなと思ったら、貸金業対策課にご相談ください。

東京都知事登録の貸金業者に関する苦情・相談
電話:03-5320-4775(貸金業対策課)
時間:午前9時00分から午後5時00分まで
(土曜・日曜・祝日・年末年始は除く)

ページの先頭へ戻る