トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 12月 > エステ事業者に12か月の一部業務停止命令

ここから本文です。

報道発表資料  2016年12月15日  生活文化局

借金をさせて高額なオイルマッサージの契約を結ばせたエステ事業者に12か月の一部業務停止命令

本日、東京都は特定商取引法に基づき、SNSで仲良くなった消費者をサロンに誘って無料でマッサージを行った後、消費者金融等で借入れをさせて高額なオイルマッサージ等の契約を結んでいた事業者に12か月の業務の一部停止を命じました。
※詳細は別添のとおり

事業者の概要

  • 事業者名
    「Laura(ラウラ)」又は「サロンB.B」こと田村未弥子
  • 店舗所在地
    東京都港区三田一丁目3番24号
    サンウッド三田パークサイドタワー1404
  • 設立
    平成25年6月
  • 業務内容
    オイルマッサージ等の提供
  • 売上高
    約1億600万円(平成25年6月~平成28年9月)

※当該事業者の代表者は、平成24年6月7日に東京都が業務停止命令を行ったフランチェスカビアンキリミテッド社の責任者で、同様の営業活動を行っていました。

事業者に関する都内の相談の概要(平成28年12月14日現在)

契約者の平均年齢 契約者の平均契約額 相談件数
約28.5歳
(23歳~38歳)
約219万円
(最高:400万円)
26年度 27年度 28年度 合計
0件 8件 18件 26件

消費者の方へ

  • SNSをきっかけに仲良くなった人から、高額な商品やサービスを契約させられたというトラブルが後を絶ちません。SNSを悪用する事業者もいますので、十分にご注意ください。
  • 借入れの意思がないのに、消費者金融等での借入れを執拗に勧められた場合には、ハッキリと断りましょう。
  • 少しでも不審に思ったり、同様のトラブルでお困りの方は、すぐに最寄りの消費生活センターにご相談ください。

電話 東京都消費生活総合センター 03-3235-1155(相談専用番号)

※参考資料 事例1~3

問い合わせ先

生活文化局消費生活部取引指導課
電話 03-5388-3074

ページの先頭へ戻る