ここから本文です。

報道発表資料  2016年12月12日  建設局

井の頭池 かいぼり報告会
未来へつなごう、湧水の池

来年100周年を迎える井の頭恩賜公園では、「かいぼり」※1を平成25年度および平成27年度に都民ボランティアとの協働で実施しました。かいぼり後には、多くの動植物の回復や池の透明度の向上などがみられ、成果が表れてきています。
こうしたかいぼりの成果を報告するとともに、今後の井の頭池での自然再生について考える「かいぼり報告会」を下記の通り開催します。

画像 画像 画像
市民協働で取り組んだかいぼりの様子 60年ぶりに復活した
水草イノカシラフラスコモ
かいぼり後に増加した在来魚

1 日時

平成29年1月28日(土曜)
13時30分~16時30分(13時00分開場)

2 場所

三鷹市公会堂 光のホール(三鷹市野崎1-1-1)

3 定員

350名(申込順)

4 申込方法

井の頭恩賜公園100年実行委員会ホームページ(外部サイトへリンク)より、代表者の氏名、連絡先、人数、在住の市区町村を明記の上お申し込みください。又は、下記への電話・ファクスからでも申込可能。

  • 申込期間
    平成28年12月19日~平成29年1月16日
  • 申込先
    認定NPO法人生態工房
  • 電話・ファクス
    0422-27-5634
  • 受付時間
    10時00分~19時00分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

5 内容

かいぼり以降の水草や生きものの回復状況と湧水復活に関する講演を行います。

  • 基調講演
    「井の頭池の湧水復活に向けて」
    (芝浦工業大学教授 守田優氏)
  • 井の頭池モニタリング報告
    水草、魚類、水鳥、地下水等の調査結果
  • 市民団体からの活動報告
    井の頭かんさつ会、井の頭かいぼり隊の2団体

※)次第および詳細については、別添チラシ(PDF:1,221KB)をご参照ください

6 主催

井の頭恩賜公園100年実行委員会
(事務局:東京都建設局西部公園緑地事務所)

7 協力

東京三鷹ライオンズクラブ
東京武蔵野ライオンズクラブ
東京吉祥寺ライオンズクラブ

8 イベントに関する問合せ先

認定NPO法人生態工房 0422-27-5634

 

※1 井の頭池のかいぼり
「かいぼり」は、ため池を維持する手法として、昔から日本各地で行われていた。井の頭池では生態系の回復と水質改善を目的として、池の水を抜き、池底を天日にさらし、多くの都民とともに外来魚等の捕獲を行う事業として、平成29年度に迎える井の頭恩賜公園開園100周年までに3回実施する計画で、既に平成25年度と27年度に実施している。かいぼり事業は、都や武蔵野市、三鷹市、ほか21の地域関係団体から構成する「井の頭恩賜公園100年実行委員会」と協力のもと進めている。

問い合わせ先

建設局西部公園緑地事務所工事課
電話 0422-47-0192

 

ページの先頭へ戻る